東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

昭和天皇とマッカーサー

昭和20年(1945年)9月27日、昭和天皇は、アメリカ大使館内のマッカーサーの宿舎に訪問された。

 

私は、日本の戦争遂行に伴ういかなることにも、また事件にも全責任をとります。

また私は日本の名においてなされたすべての軍事指揮官、軍人および政治家の行為に対しても直接に責任を負います。

自分自身の運命について貴下の判断が如何様のものであろうとも、それは自分には問題ではない。

構わずに総ての事を進めていただきたい。私は全責任を負います。

 

 

そしてマッカーサーは、このご発言に関する感想をこう述べたという。

 

私は、これを聞いて、興奮の余り、陛下にキスしようとした位です。

もし国の罪を贖うことが出来れば進んで絞首台に上がることを申し出るという、この日本の元首に対する占領軍の司令官としての私の尊敬の念は、その後ますます高まるばかりでした

陛下は御自身に対して、いまだかつて恩恵を私に要請したことはありませんでした。とともに決して、その尊厳を傷つけた行為に出たこともありませんでした。

どうか日本にお帰りの上は、自分の温かいご挨拶と親しみの情を陛下にお伝え下さい。その際、自分の心からなる尊敬の念をも同時に捧げて下さい。」

 

 

昭和21年(1946年)1月25日、マッカーサーは陸軍省宛に極秘電報を打った。この電報が昭和天皇の命を救う。

 

「天皇を告発すれば、日本国民の間に想像もつかないほどの動揺が引き起こされるだろう。

その結果もたらされる事態を鎮めるのは不可能である。

天皇を葬れば、日本国家は分解する。

連合国が天皇を裁判にかければ、日本国民の憎悪と憤激は、間違いなく未来永劫に続くであろう。

復讐の為の復讐は、天皇を裁判にかけることで誘発され、もしそのような事態になれば、その悪循環は何世紀にもわたって途切れることなく続く恐れがある

政府の諸機構は崩壊し、文化活動は停止し、混沌無秩序はさらに悪化し、山岳地域や地方でゲリラ戦が発生する。

私の考えるところ、近代的な民主主義を導入するという希望は悉く消え去り、引き裂かれた国民の中から共産主義路線に沿った強固な政府が生まれるだろう。そのような事態が勃発した場合、最低百万人の軍隊が必要であり、軍隊は永久的に駐留し続けなければならない。

さらに行政を遂行するためには、公務員を日本に送り込まなければならない。その人員だけでも数十万人にのぼることだろう。

天皇が戦犯として裁かれるかどうかは、極めて高度の政策決定に属し、私が勧告することは適切ではないと思う。」

 

 

この電報を受け取った陸軍省は、すぐさま国務省との会議を持ち、国務省と陸軍省は昭和天皇には手をつけないでおくことに合意した。

 

| 天皇 | 18:45 | comments(0) | - |
新学習指導要領で、学校の何が変わるの?

1月20日土曜日、「東浦町教育フォーラム2018」が開催されました。

 

創価大学 准教授 鈴木詞雄氏による「新学習指導要領で、学校の何が変わるの?」とのテーマで、講演がありました。

 

学習指導要領は、国が定める教育課程の基準であり、各学校はこの基準を指針としてカリキュラムを組み、教科書も学習指導要領に沿って作成されます。

 

学習指導要領は、およそ10年ごとに改訂されています。鈴木氏は、「今回の改訂は、70年に一度の大改訂だ。」とおっしゃいました

 

小学校では2020年度から中学校では2021年度から、すべての教科等で新学習指導要領による教育が実施されます。

 

 

今回の改訂の経緯は、

 

生産年齢人口の減少、グローバル化の進展、人工知能の進化などにより、子どもたちの将来は、予測困難な時代になると言われています。

 

これからの学校教育には、子どもたちが様々な変化に積極的に向き合い、他者と協働して課題を解決していくことや、様々な情報を見極めて再構築し、新たな価値につなげていくことができるようにすることなどが求められます。

 

新学習指導要領では、こうした状況を踏まえ、「よりよい学校教育を通じてよりよい社会を創る」という目標を学校と社会が共有し、連携・協働しながら、新しい時代に求められる資質・能力を子どもたちと育む「社会に開かれた教育課程」の実現を目指すことが示されました。

 

 

今回の改訂の基本的な考え方は

 

・未来社会を切り拓くための資質・能力を一層確実に育成する

 

・知識の理解の質をさらに高め確かな学力を育成する

 

・豊かな心や健やかな体を育成する

 

 

今回の改訂では、「生きる力」を子どもたちに育むために「何のために学ぶのか」という各教科等を学ぶ意義を共有しながら、授業の創意工夫等を引き出していくことができるようにしています。

 

そのため、すべての教科等の目標及び内容を「知識及び技能」「思考力、判断力、表現力等」「学びに向かう力、人間性等」の資質・能力の三つの柱で再整理しています。

 

知識及び技能の習得とは、「何を理解していて、何ができるか」

 

思考力、判断力、表現力等の育成とは、「理解できることやできることをどう使うか」

 

学びに向かう力、人間性等の涵養とは、「どのような社会や世界と関わり、よりよい人生を送るか」

 

よりよい社会と幸福な人生を切り拓き、未来の創り手となるために必要な「生きる力」を育む

 

 

また、今回の改訂では、子どもたちが、これからの時代に求められる資質・能力を身に付け、生涯にわたって能動的に学び続けることができるようにするためには、学習の質を一層高める授業改善の取組を活性化していくことが必要としています。

 

そして、優れた教育実践に見られる普遍的な視点である「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善が求められると。

 

・学ぶことに興味や関心を持ち、自己のキャリア形成の方向性と関連付けながら、見通しをもって粘り強く取り組み、自己の学習活動を振り返って次につなげる「主体的な学び」が実現できているか

 

・子ども同士の協働、教職員や地域の人との対話、先哲の考え方を手掛かりに考えること等を通じ、自己の考えを広げ深める「対話的な学び」が実現できているか

 

・習得・活用・探求という学びの過程の中で、各教科等の特質に応じた「見方・考え方」を働かせながら、知識を相互に関連付けてより深く理解したり、情報を精査して考えを形成したり、問題を見出して解決策を考えたり、思いや考えを基に創造したりすることに向かう「深い学び」が実現できているか

 

 

今回の改訂を実現するには、教育委員会、学校の創意工夫がより一層必要となり、質を高めるには子どもたち一人ひとりの違いにどのように対応していくかが課題となると考えます。

 

 

JUGEMテーマ:政治全般〜国会・内閣・行政

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

 

 

 

| 教育 | 17:25 | comments(0) | - |
新年のご挨拶

幸多き新春を迎えられたことと お喜び申し上げます

 

皆さま方には 旧年中も格別のご厚情を賜り 誠にありがとうございました

 

議員任期も残り一年と少しとなりました

 

一期生の若輩者ではありますが 勇気・情熱と行動力で町政に活気と希望を吹き込み続ける所存です

 

引き続き 昨年同様に ご指導ご鞭撻のほど 宜しくお願い申し上げます

 

平成三十年も 皆さまが実り多き年でありますよう 

 

益々のご健勝とご多幸を 心よりご祈念いたします

 

| あいさつ | 12:32 | comments(0) | - |
まちづくりワークショップ「東浦町の誰もがいきいき暮らせるまちを語ろう!」

東浦町まちづくりワークショップ 第5回「東浦町の誰もがいきいき暮らせるまちを語ろう!」が開催されました。

 

東浦町では、現在、次期総合計画を策定中です。次期総合計画の期間は、2019年度から2039年度までの20年間です。

 

総合計画は、将来、東浦町をどのような「まち」にしていくのか、そのために誰が、どのようなことをしていくのかを、総合的・体系的にまとめたもので、町の福祉や教育、環境といったすべての計画の基本となります。まちづくりを進めていくための道しるべです。

 

人口減少や少子高齢化といった社会環境の変化を見据え、今後の東浦町の課題と考えるテーマについて、住民の意見を受け、次期総合計画に反映させていくために、「まちづくりワークショップ」が開催されています。

 

 

全6回を開催予定としていますが、今回は第5回となります。

 

ワークショップのテーマ、内容は、

第1回 テーマ「東浦町の未来ビジョンを語ろう!」・内容「20年後のまちの姿」

第2回 テーマ「東浦町のまちを語ろう!」・内容「まちの土地利用」

第3回 テーマ「東浦町のしごとを語ろう!」・内容「産業の振興」

第4回 テーマ「東浦町の子どもの育みを語ろう!」・内容「子育て・教育」

第5回 テーマ「東浦町の誰もがいきいき暮らせるまちを語ろう!」・内容「健康・福祉」

第6回 テーマ「東浦町のまちづくりの進め方を語ろう!」・内容「協働のまちづくり」

となっています。

 

今回は、20年後の健康・福祉について、5グループに分かれて話し合われました。

発表では、現状の課題、課題解決の手法が多く、20年後を想定してのまちづくりという観点が少ないように感じました。

 

 

次期総合計画の期間となる、2019年度から2039年度までの20年間には、

800万人いるとされる団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)になり超高齢社会へ突入する2025年問題があります。

 

また、団塊の世代の子どもたちが生まれた1971年から1974年までに出生した「団塊ジュニア」が、前期高齢者(65歳以上)になります。中でも1973年の出生者は209万人余であり、第二次ベビーブームのピークに達しました。

 

「団塊ジュニア」の特徴は、学生時代は、大学受験も厳しく、就職氷河期でもあり、不運の世代とも呼ばれています。就職活動に失敗して、フリーターや派遣社員の道を選ぶ人も少なくありません。このような経済的な事情から、学校卒業後も親と同居し、親に頼った生活をするパラサイトシングルを長く続ける人も見られます。

 

また「団塊ジュニア」は小さい頃から自分の部屋を与えられ、食事も一人でするなど一人で過ごす時間が多い中で育ってきました。思春期を迎える頃にはラジカセやミニコンポなどを持つことも普通になり、ファストフード店やコンビニが登場したのもこの時期です。さらにアニメ、マンガ、コンピューターゲームなどの若者文化を担った世代でもあります。

 

 

そのようなことから、現状の課題と20年後の課題は、かなり違うものであることが想定されます。

人工知能の発達だけを考えても、世の中の情勢はかなり変化していると思います。東浦町だけでなく、日本、世界も劇的な変化をしているでしょう。

 

そのような世の中を想像し、まちづくりを創造することは難しいことかもしれませんが、東浦町では、通常10年間の総合計画を20年間という長期に設定する予定です。

 

東浦町の独創性が求められる総合計画となります。

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

| 東浦町行政 | 19:27 | comments(0) | - |
第3回 東浦町若者会議

「第3回 東浦町若者会議」が開催されました。

 

現在、東浦町では、すべての計画の基本となる、行政運営の総合的な指針となる計画である総合計画(平成31年度から平成50年度までの20年間)を策定中です。

 

 

「若者」の意見を総合計画に反映するとともに、「若者」の視点から、今後のまちづくりに関する提案につなげることを目的に、「東浦町若者会議」を開催しています。

 

本日は、「東浦町に住み続けるためには! 〜なんだかんだでHIGASHIURA〜」をテーマとして話し合われました。

 

 

20年後の日本、その中での東浦町の望ましいまちづくりという課題は難しく、だからこそ、その時代に東浦町で活躍するであろう若者の奇抜とも言われるかもしれない発想力に期待し、かつ、その時代に責任世代となる若者に住み続けたいまち、住んでみたいまちを考えてもらうことに意義があるとの考えから開催されているものと私は理解しています。

 

住民主体のまちづくりの原点は、東浦町の将来を自分事と捉えるところから始まることと思いますが、自分事と捉えることはなかなか難しいことだと感じています。

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

 

| 東浦町行政 | 22:06 | comments(0) | - |
こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ