東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

静岡県長泉町議会政和会行政視察受け入れ

静岡県長泉町議会の会派政和会に所属していらっしゃる5名の議員の方々が、行政視察のために東浦町にお越しくださいました。

 

 

視察の目的は、「東浦町太陽光発電設備の設置に関する指導要綱について」です。

長泉町では、太陽光発電設備の設置に関して条例を制定する予定があり、その審議等の参考にするために本町にいらっしゃいました。

 

 

 

本町の指導要綱の概要は、1,000岼幣紊梁斥杆発電設備を設置する際は町へ届け出ること、∋業者は地元自治会等へ設備事業について十分な説明を行うこと、事業者は法令を遵守し災害防止に努めること、な神29年10月5日に施行したことです。

 

所有者が既存の法律に反しない範囲内で、自己の財産をどのように利用するのかは、基本的に自由です。これは、憲法第29条で定められている財産権の保障です。そのうえで、実際に条例を制定することはとても難しいことがあります。本町の職員から、そのような説明をさせていただきました。

 

 

今回の視察が、長泉町議会政和会並びに長泉町議会の参考になれば幸いです。

 

 

| 議会 | 18:43 | comments(0) | - |
麗しの於大様 新曲踊り発表会

東浦音頭・小唄踊り保存会主催の「麗しの於大様」新曲踊り発表会が開催されました。

 

 

東浦音頭・小唄踊り保存会から紹介された新曲完成に至る経緯を記載いたします。

 

 

1528年緒川城に生まれ、戦国時代を生きた於大様(徳川家康の生母)。初代保存会会長 故梶川武氏が、於大様の一生を詩に残されていました。於大まつりが開催されるたびに、あの詩に曲と踊りをつけて踊りたいとの思いで、何年も過ごしていました。

前会長 故清水香都江氏の要望により、作曲 川谷吉和氏、振付 保存会で、この度「麗しの於大様」として完成しました。

これからは「東浦音頭」「東浦小唄」「麗しの於大様」この三本を柱にし、後世に継承し広めたいと思っています。

 

 

 

本年からは盆踊りでの定番曲になると思います。発表会の最後には、会場の皆さんで踊りの練習をしました。私も覚えて、盆踊りでは踊りたいと思います。

 

JUGEMテーマ:伝統文化

| 催し物 | 10:29 | comments(0) | - |
東浦町新春文化展

「東浦町新春文化展」が盛大に開催されました。

文芸部門・書道部門・写真部門・茶華道部門・趣味部門別に、所狭しと力作が展示、披露されました。

 

日頃の稽古の成果を十分に披露された作品ばかりでした。

私は、写真2点と書道1点を出展させていただきました。書道は、初めての出展となります。

 

 

 

 

 

 

 

主催者である東浦町文化協会の会員も減少傾向にあり、高齢化も併せて運営に支障が出て今回で出展をお辞めになられる会の方々もいらっしゃいます。

 

 

 

東浦町の文化芸術の醸成のためにも、今後の東浦町文化協会の発展を祈念いたします。

 

 

JUGEMテーマ:伝統文化

| 行事 | 22:58 | comments(0) | - |
東郷町議会文教民生委員会視察受け入れ

東郷町議会の文教民生委員会の皆さんが、東浦町に行政視察にお越しくださいました。

 

視察内容は、「小学校における水泳指導の民間委託について」と「認知症と地域包括ケアについて」です。

東浦町職員の説明後には、活発な質疑応答がありました。

 

 

 

東浦町では、町内7小学校のうち1校が今年度から水泳指導を民間委託して試行的に実施しました。

本試行結果より、民間の施設・人材を活用した水泳指導を今後も継続し、すべての小学校いおいて、民間施設での水泳指導ができるように計画していく方針です。

 

 

 

また、東浦町では、高齢者の生活支援や健康寿命の延伸に役立つ民間サービス市場の拡充を促進するため、および地域ぐるみで高齢者の暮らしを支えるサービスを提供できる地域づくりを目指すことを目的に、「高齢者の健康寿命延伸及び生活支援等のインフォーマルサービスの創出・促進における公民連携に関する協定」を平成29年度から現在までに、電気屋、理容美容室、イオンなど民間事業者等46事業所と連携協定を締結しています。

民間事業者と連携協定を結ぶことで、住民に必要なサービスという視点で、公的サービスだけでなく、民間サービスも、窓口などで情報提供が可能となっています。

 

 

 

今回の行政視察が、東郷町の施策の参考になれば幸いです。

 

 

JUGEMテーマ:地方議会

| 議会 | 18:13 | comments(0) | - |
警察署新設の陳情

大府市及び東浦町の両首長、議長及び県議会議員で「大府市と東浦町とを管轄する警察署の新設の陳情」のため、関係機関に伺いました。

 

周辺地域の警察署の多くが1署につき1市を管轄する中、東海警察署及び半田警察署は複数市町を管轄し、両署管内の人口はともに20万人を超えており、東海警察署管内の人口は現在も増加している。また、半田警察署は6つの市町を管轄し、県内でも有数の広大な面積を管轄している。

 

昨今の社会情勢や県財政の厳しさは承知しているが、安心して安全に暮らせる住みよい環境をつくるため、是非とも警察署の老朽化に伴う建て替えに併せ、現在及び将来の状況を見据えた再配置を検討いただき、両市町を管轄する警察署の新設を最優先と位置づけ、一日も早く実現いただくことを強く要望しました。

 

陳情先として、愛知県警察本部、愛知県議会、自由民主党愛知県議団、新政あいち県議団に伺いました。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日々徒然

| 愛知県 | 18:16 | comments(0) | - |
こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ