東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

まちづくりワークショップ「東浦町の誰もがいきいき暮らせるまちを語ろう!」

東浦町まちづくりワークショップ 第5回「東浦町の誰もがいきいき暮らせるまちを語ろう!」が開催されました。

 

東浦町では、現在、次期総合計画を策定中です。次期総合計画の期間は、2019年度から2039年度までの20年間です。

 

総合計画は、将来、東浦町をどのような「まち」にしていくのか、そのために誰が、どのようなことをしていくのかを、総合的・体系的にまとめたもので、町の福祉や教育、環境といったすべての計画の基本となります。まちづくりを進めていくための道しるべです。

 

人口減少や少子高齢化といった社会環境の変化を見据え、今後の東浦町の課題と考えるテーマについて、住民の意見を受け、次期総合計画に反映させていくために、「まちづくりワークショップ」が開催されています。

 

 

全6回を開催予定としていますが、今回は第5回となります。

 

ワークショップのテーマ、内容は、

第1回 テーマ「東浦町の未来ビジョンを語ろう!」・内容「20年後のまちの姿」

第2回 テーマ「東浦町のまちを語ろう!」・内容「まちの土地利用」

第3回 テーマ「東浦町のしごとを語ろう!」・内容「産業の振興」

第4回 テーマ「東浦町の子どもの育みを語ろう!」・内容「子育て・教育」

第5回 テーマ「東浦町の誰もがいきいき暮らせるまちを語ろう!」・内容「健康・福祉」

第6回 テーマ「東浦町のまちづくりの進め方を語ろう!」・内容「協働のまちづくり」

となっています。

 

今回は、20年後の健康・福祉について、5グループに分かれて話し合われました。

発表では、現状の課題、課題解決の手法が多く、20年後を想定してのまちづくりという観点が少ないように感じました。

 

 

次期総合計画の期間となる、2019年度から2039年度までの20年間には、

800万人いるとされる団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)になり超高齢社会へ突入する2025年問題があります。

 

また、団塊の世代の子どもたちが生まれた1971年から1974年までに出生した「団塊ジュニア」が、前期高齢者(65歳以上)になります。中でも1973年の出生者は209万人余であり、第二次ベビーブームのピークに達しました。

 

「団塊ジュニア」の特徴は、学生時代は、大学受験も厳しく、就職氷河期でもあり、不運の世代とも呼ばれています。就職活動に失敗して、フリーターや派遣社員の道を選ぶ人も少なくありません。このような経済的な事情から、学校卒業後も親と同居し、親に頼った生活をするパラサイトシングルを長く続ける人も見られます。

 

また「団塊ジュニア」は小さい頃から自分の部屋を与えられ、食事も一人でするなど一人で過ごす時間が多い中で育ってきました。思春期を迎える頃にはラジカセやミニコンポなどを持つことも普通になり、ファストフード店やコンビニが登場したのもこの時期です。さらにアニメ、マンガ、コンピューターゲームなどの若者文化を担った世代でもあります。

 

 

そのようなことから、現状の課題と20年後の課題は、かなり違うものであることが想定されます。

人工知能の発達だけを考えても、世の中の情勢はかなり変化していると思います。東浦町だけでなく、日本、世界も劇的な変化をしているでしょう。

 

そのような世の中を想像し、まちづくりを創造することは難しいことかもしれませんが、東浦町では、通常10年間の総合計画を20年間という長期に設定する予定です。

 

東浦町の独創性が求められる総合計画となります。

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

| 東浦町行政 | 19:27 | comments(0) | - |
第3回 東浦町若者会議

「第3回 東浦町若者会議」が開催されました。

 

現在、東浦町では、すべての計画の基本となる、行政運営の総合的な指針となる計画である総合計画(平成31年度から平成50年度までの20年間)を策定中です。

 

 

「若者」の意見を総合計画に反映するとともに、「若者」の視点から、今後のまちづくりに関する提案につなげることを目的に、「東浦町若者会議」を開催しています。

 

本日は、「東浦町に住み続けるためには! 〜なんだかんだでHIGASHIURA〜」をテーマとして話し合われました。

 

 

20年後の日本、その中での東浦町の望ましいまちづくりという課題は難しく、だからこそ、その時代に東浦町で活躍するであろう若者の奇抜とも言われるかもしれない発想力に期待し、かつ、その時代に責任世代となる若者に住み続けたいまち、住んでみたいまちを考えてもらうことに意義があるとの考えから開催されているものと私は理解しています。

 

住民主体のまちづくりの原点は、東浦町の将来を自分事と捉えるところから始まることと思いますが、自分事と捉えることはなかなか難しいことだと感じています。

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

 

| 東浦町行政 | 22:06 | comments(0) | - |
東浦町若者会議

「東浦町若者会議」第2回が開催されました。

 

「東浦町若者会議」とは、「若者」の意見を総合計画(行政運営の総合的な指針となる計画)に反映し、今よりもさらに良いまちになっていけるように開催するもので、皆さんと20年後も住み続けたいと思えるまちを考えるというコンセプトです。

 

 また、「若者会議」は、現在策定中の「第6次東浦町総合計画」の基本構想および基本計画の参考意見とするとともに、若者の視点からまちづくりの方向性や協働のまちづくりに関する提案につなげることを目的としています。

 

参加者は、16歳から29歳の、東浦町に対し関心・熱意をもっている方で、東浦町在住を問いません

 

 

第2回の今回は、良いとこを伸ばす&悪いとこを直すためには…として、第1回にて出された意見について、「良いところ」をさらに伸ばすために、また「悪いところ」を改善するためにはどのような取り組みを進めていけばよいか議論し、出された意見を各グループより発表、共有しました

 

4つのグループに分かれ、Aグループは「住民・交流」「教育・子育て」、Bグループは「交通」「歴史」、Cグループは「自然」「住環境」、Dグループは「商業」「福祉について議論しました。

 

 

今回、見学し感じたことは、町職員が参加者の約半数を占めており、町職員以外の若者も町外在住者が多かったことから、本町のまちづくりを考えるうえで、本町の特徴を理解しきれず、独自性のある発想がなかったように思いました。

 

 

これは、住民参加の難しさであり、どの自治体も苦慮していることだと思います。しかし、まちづくりは発想力豊かな若者が考えた未来像が良いし、本町在住の若者が自分事として考えることは本町にとっても、将来財源を負担する若者という視点からも重要なことと考えます

今後は、どのように住民参加を呼び掛けるか、住民を呼び込むかが課題と感じました

 

 

 

 

| 東浦町行政 | 19:38 | comments(0) | - |
東浦町 天白遺跡発掘調査 議員視察

東浦町緒川天白で区画整理事業をしている中、遺跡が発掘され、議員で視察に行きました。

 

調査面積は、5,314屬任后

 

過去の発掘調査結果から、縄文時代早期(約7,000年前)、弥生時代中期後葉(紀元前1世紀)、弥生時代後期から古墳時代前期(3世紀後半から4世紀前半)、古墳時代後期(3世紀後半から7世紀前半)、中世(12世紀から16世紀)の時期に遺物のまとまりがあり、多時期にわたる複合遺跡とのことでした。

 

 

今回の発掘調査では、古墳時代後期(6世紀代)の竪穴建物及び遺物が中心に出土し、他に、弥生時代後期から古墳時代前期(3世紀後半から4世紀前半)や中世の遺物が出土しているそうです。

 

貴重な体験をさせたいただきました。

 

JUGEMテーマ:歴史

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

 

| 東浦町行政 | 22:13 | comments(0) | - |
固定資産税の課税内容について一斉点検による課税誤りについて

東浦町において、固定資産税の徴収誤りがあり、8月17日付けで町ホームページ上にお詫びの文書が掲載されましたので、紹介します。

 

東浦町では平成29年度に1件の「住宅用地に対する固定資産税の課税標準の特例」(地方税法第349条の3の2 以下、「住宅用地特例」)の適用漏れが発覚しました。また、平成29年度に償却資産と家屋の固定資産税が重複しているケースが1件、発覚しました。そのため、再発防止策を講じると共に、過去にわたって同様のケースが他にも無いか、一斉点検しましたところ、複数の課税誤りが発覚しました。

 

原因といたしましては、住宅用地特例の適用漏れについては、家屋担当が新増築を現場評価した内容を土地担当に通知することで特例が適用されますが、発生年度当時は、両担当の連携が十分でなかったことです。
償却資産と家屋の固定資産税の重複課税については、納税義務者の申告に基づいて賦課決定しますが、
申告書の内容どおりに賦課決定していたことが原因です。

 

再発防止策として、住宅用地特例の適用漏れについては、平成28年度に土地担当と家屋担当双方による二重チェック、これに加えて賦課直前の最終チェックを実施するなど、業務フローを見直しました。
償却資産と家屋の固定資産税の重複課税については、平成29年度に償却資産申告書の受付時の聞き取り強化、家屋の評価内容との重複チェック、及び現地確認の活用などの対策を講じました。

 

この度は、納税者並びに町民の皆様に多大なご迷惑をおかけし、信頼を著しく損なうことになりましたことを心から深くお詫び申し上げます。今後は確認作業を一層徹底し、再発防止に努めて参ります

 

平成29年8月17日

東浦町長 神谷明彦

 

課税誤りの内訳(平成29年8月17日現在)

 

住宅用地特例の適用漏れ:9件

 償却資産と家屋の固定資産税の重複課税:確定した件が5件、最終確認中のものが2件 

 

以下、私の意見

今回は、平成29年度に課税誤りがあったことから、一斉点検をしたことにより発覚したものである。また、再発防止策はすでに講じている。

今回の課税誤りを追及する必要はないと考える。今後も、再発防止に努めていただきたい。

 

 

 

 

| 東浦町行政 | 19:58 | comments(0) | - |
東浦町 車検切れ公用車の公務使用について

東浦町所有の公用車2台について、車検切れでありながら使用していたことについて、7月7日付けで町ホームページ上にお詫びの文書が掲載されましたので、紹介します。

 

東浦町が所有する公用車の内、2台について、車検期間が満了していたにも関わらず、使用していた事実が判明しました。

 

1台は、建設部都市整備課所管の車両で、平成29年6月23日、車両同士の接触事故が発生し、事故処理等の手続きの際に発覚したもので、もう1台は、教育委員会スポーツ課所管の車両で、平成29年6月28日、職員が車検期間満了の車両に気づき発覚したものであります。

 

ともに車検の有効期間を失念していたことで発生した事案であります。

 

今後の対応といたしましては、運転使用前の点検確認とともに、公用車維持管理状況表の様式を変更し、「車検有効期間満了日」欄を設け、車検満了日の確認を徹底します。

 

 運転日誌やダッシュボード等への車検満了日のシールを貼り付け、車検満了日の確認を徹底します。

 今後、車検整備を忘れることがないよう、公用車を管理する所属課と集中管理する総務課で二重の管理を行います。

 

この度の件につきましては、町民の安全、安心を脅かしたこと及び本町の信用を失墜させたことを深く反省し、今後はこうした事態が二度と発生しないよう、公用車の管理を徹底し、信頼回復に努めて参ります。

 

平成29年7月7日

東浦町長 神谷明彦

処分

建設部都市整備課        課長        58歳  文書注意

建設部都市整備課        課長補佐  45歳  文書注意

教育委員会スポーツ課  課長        58歳  文書注意

教育委員会スポーツ課  課長補佐  58歳  文書注意

| 東浦町行政 | 18:18 | comments(0) | - |
東浦町 水道メーターの計量法違反(違法)について

計量法において、検定後8年の有効期間切れの水道メーターを計量に使用又は所持することはできないにもかかわらず、有効期間切れの私設水道メーターによって上下水道料金を徴収していたという違法事案が発生したことについて、6月26日付けで町ホームページ上にお詫びの文書が掲載されましたので、紹介します。

 

本町では、平成28年度に有効期間切れの私設水道メーターの存在が確認でき、建物所有者等に対してメーター取替えの通知等により改善に取り組んでいたところ、水道使用者から東浦町コンプライアンス委員会事務局へ有効期間切れの水道メーターで上下水道料金を徴収しているとの公益目的通報があり、内容を調査した結果、計量法に違反することが判明しました。

 

原因といたしましては、建物所有者等が設置及び管理する私設水道メーターの有効期間切れの確認をしてこなかったことと、適切かつ継続的な指導が行われなかったことです。このことは、中高層住宅水道供給に関する契約書の履行確認不足と計量法の認識不足であります

 

今後の対応といたしましては、私設水道メーターの管理者に対して、有効期間切れとなる前に私設水道メーターの取替えを行うよう指導し、対象となりました町民の皆様には、ご迷惑をおかけしたことを心からお詫びし、二度とこのようなことがないよう、職員には法令遵守を徹底させ、料金収納事務に万全を期すよう再発防止に努めます

平成29年6月26日

東浦町水道事業

東浦町長 神谷明彦

 

1.対象者(平成29年6月現在)

有効期間切れの私設水道メーターを設置している物件35件

水道使用者613名

 

2.処分

 建設部        部長  59歳  文書注意

 上下水道課  課長  58歳  文書注意

 

JUGEMテーマ:地方議会

| 東浦町行政 | 17:20 | comments(0) | - |
こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ