東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

景観条例廃止の再議結果否決(条例継続)後の町長あいさつ

令和元年12月26日の東浦町議会臨時会において、「東浦町景観条例の廃止についての再議」が審議され、再議の結果、景観条例は現行のまま維持されることになりました。

 

臨時会の閉会にあたり、町長があいさつをしました。その内容を紹介いたします。

 

景観条例の廃止は、東浦の根ち狭間の地形からまちの景観を説き起こした魂のこもった景観計画を実効性のないものにするだけでなく、景観法と景観計画との整合性がとれなくなるなど、景観条例の廃止による影響は非常に大きいものであると危惧しておりましたが、否決されましたことに、安堵しているところでございます。

 

しかしながら、議員各位の討論の中でいただきましたご指摘を真摯に受け止めるとともに、これまで以上に住民や皆様や地権者の皆様に対し丁寧に説明するとともに、皆様のご意見に耳を傾け、慎重に景観まちづくりを進めて参ります。

 

| 臨時会 | 12:35 | comments(0) | - |
景観条例廃止再議の町長臨時会開会のあいさつ

令和元年12月26日に開催されました東浦町議会臨時会で、12月議会において可決されました「東浦町景観条例を廃止する条例」を町長が再議に付したことにより、再度審議をしました。その結果、廃止に賛成の議員が3分の2に達しなかったことから、「東浦町景観条例を廃止する条例」は否決となり、現行の「東浦町景観条例」が継続することになりました。

 

臨時会において、町長の開会でのあいさつを以下に紹介します。

 

「景観条例の廃止」の提案理由とされている「必要性が低いと判断した」については、依然として明確な説明がなされていません。住民参加のワークショップから時間をかけて景観計画をつくり、パブリックコメント手続きを踏むなど丁寧につくり上げた景観条例を、当時条例を可決した議員が、パブリックコメント等で住民の意思を広く聴く事もせず、また十分に検討がされていないなかで、このような議案によって制定からわずか3年で廃止する理由が不明です。「必要性が低いと判断した」説明として審議の過程で示された「行為の制限のある景観条例とは知らなかった」は景観計画と景観条例を見れば明らかなことであり、また「行き過ぎた行政の指導がある」は条例の中身とは関係のない執行についての議論であり、これを理由に条例を廃止することはできないと考えます。さらには、行き過ぎた行政指導や命令が行われた事実は示されていません。景観条例の執行について行政に対して意見があるならば、条例の廃止ではなく一般質問などで行政の姿勢を質すべきですが、そういった過程を経ることなしにいきなり条例の廃止を提案するのはあまりにも唐突です。

 

また、条例を廃止する効果が全く思慮されていません。景観条例の中には小規模行為の除外規定が含まれており、条例を廃止すると景観法による届出義務の対象が大幅に増え、住民、事業者、行政の負担が増大するなど、混乱を招くことになります。

 

加えて、まちの個性として東浦町の地形や生活の中で形作られてきた景観を守り育てていくことが、住民の誇り、居心地の良さ、住み甲斐につながり、ひいてはまちの価値を高めていくものと考えており、条例は、それを達成する役割を担っているため必要です。景観条例で景観計画に実効性を持たせ、大規模行為を届出制として緩やかに協議をしていく仕組みによって、景観まちづくりは時間をかけながら進めていくことが可能になります。これがあるおかげで太陽光発電施設の設置事業者とも周囲の植栽などの相談をすることができるようになりました。

 

以上のことからも、景観条例の必要性が低いとは到底考えられません。

 

しかしながら、私たち行政の景観まちづくりの進め方や説明方法が、住民の皆様や地権者等関係者の方々に不安を抱かせてしまったことなどについては、見直しを図るなど、これまで以上に皆様方に対し丁寧な説明に努めるとともに、ご意見に耳を傾け、合意形成を確かめながら、慎重に景観まちづくりを進めていきたいと考えています。

 

 

| 臨時会 | 22:06 | comments(0) | - |
景観条例廃止は再議で否決

令和元年12月26日、臨時会が開催され、12月議会で8対7で可決されました「東浦町景観条例の廃止について」町長から再議に付され、審議しました。審議の結果は、審議する前から分かっていた結果どおり原案(東浦町景観条例の廃止)は否決となりました。

 

再議は、特別多数議決となりますので、可決には3分の2以上の同意が必要となります。東浦町議会では、議員定数16人であり、出席議員数も16人でありましたので、可決するには賛成の議員が11人必要となります。賛否は、賛成9人、反対7人でありましたので、3分の2に達せず、東浦町景観条例は現行のまま維持されることになりました。

 

また、議長である私も投票することになります。私は、賛成に1票を投じました。理由は、12月議会において8対7で可決されたことから、再議の結果が出るまでの間は12月議会の結果が継続していますので、議会の結果を尊重し、賛成票を投じたものであります。

 

「東浦町景観条例の廃止についての再議」は、経済建設委員会に付託され審査されました。経済建設委員会での採決は、賛成3人、反対1人で可決されました。

 

主なる質疑を以下に掲載いたします。

 

 景観条例の廃止に伴って生じる住民への影響及び事務執行上の問題を考慮するのであれば、景観計画自体をなくすことはできないか。

 景観計画については、住民の意思、都市計画審議会の意見をきいた上で策定しているものであり、景観計画をなくすことは考えていない。景観条例が廃止されて、景観計画を残すことになると、整合性がとれなくなってしまう。

 

 景観条例の中に、勧告及び命令の手続等、勧告に従わない場合の措置の規定は、どうして規定しているのか。

 景観法に規定があるため、景観条例の中でも規定しているものである。

 

 景観条例と景観計画は一体であり、景観条例がなくなれば、事前協議はなくなり、制限もなくなると考えるが見解は。

 景観条例では色彩などの制限はしておらず、あくまで景観計画の中で制限の内容を規定している。行為の制限の事項については、景観計画の中で、規定することになっているためである。

 

 

| 臨時会 | 21:45 | comments(0) | - |
景観条例廃止可決に対する再議

令和元年12月26日9時30分から臨時会が開催され、「東浦町景観条例の廃止についての再議」が審議されます。

「東浦町景観条例の廃止について」は、先般の12月議会で審議され、最終日の12月20日に8対7の僅差で可決されました。

 

その後、12月24日に町長から議長あてに再議書が手渡されました。

 

http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/somu/gyosei/gyomu/gikaigian/heisei31nen/

9058.html

 

再議に付されると、議会は再びこれを議題として審議をして議決することになります。議会としては、町長の再議に付した理由が正当であるかどうかを判断することになります。

 

再議には、一般的拒否権と特別的拒否権があります。一般的拒否権は、条例や予算の議決に長が異議ある場合であり、再議に付するかどうかは任意とされています。特別的拒否権は、議決に瑕疵がある場合など、一定の要件に該当する場合の再議であり、長は再議に付さなければならない義務があります。

 

今回の東浦町景観条例の廃止についての再議は、議員提案で上程されたものであり、審議の結果、12月20日に可決され、その議決に町長が異議を唱え、任意である再議権を行使することに至ったものであります。

 

「東浦町景観条例の廃止について」は8対7での可決でした。再議は賛成している議員が反対に態度を変えることしかあり得ないこと、また、可決には3分の2以上の同意が必要となる特別多数議決であることから11人以上の賛成がなければ可決となりません。よって、再議に付した時点で、すでに否決となることは確定しています。よって、東浦町景観条例の廃止については否決となり、現行どりになります。

 

 

| 臨時会 | 22:14 | comments(0) | - |
令和元年8月臨時会

令和元年8月22日、「令和元年第4回東浦町議会臨時会」が開催されました。

内容は、報告5件、議案1件です。

 

報告5件は、平成31年1月の第2回臨時会で議決をした5件の「小中学校空調設備設置工事請負契約の変更について」、地方自治法第180条第1項の規定により、令和元年8月2日に専決処分を行ったものを同条第2項により議会に報告するものです。

 

報告5件は以下のとおりです。

・小中学校空調設備設置工事(その1)

東浦町立生路小学校及び森岡小学校の契約金額を6,057万7,200円から6,550万2,000円に492万4,800円の増額

 

・小中学校空調設備設置工事(その2)

東浦町立片葩小学校及び石浜西小学校の契約金額を5,972万4,000円から5,982万1,200円に9万7,200円の増額。

 

・小中学校空調設備設置工事(その3)

東浦町立緒川小学校及び北部中学校の契約金額を9,606万6,000円から9,948万9,600円に342万3,600円の増額。

 

・小中学校空調設備設置工事(その4)

東浦町立卯ノ里小学校及び西部中学校の契約金額を1億1,556万円から1億1,678万400円に122万400円の増額。

 

・小中学校空調設備設置工事(その5)

東浦町立藤江小学校及び東浦中学校の契約金額を8,514万7,200円から8,700万4,800円に185万7,600円の増額。

 

これらの増額理由は、空調設備の配管カバー(保温化粧ケース)の材質を樹脂からガルバニウム鋼板材に変更した等によるものであります。

質疑は以下のとおりです。

 

樹脂からガルバニウム鋼板材に変更した理由は。

耐久性が高いこと、及び工期が早くなることから。

 

最初の契約段階でガルバニウム鋼板材との選択はしなかった理由は。

材質については、設計業者と町とで検討し、樹脂としたが、契約後に設計監理業者からガルバニウム鋼板材を勧められ、検討した結果である。

 

5つの契約の設計業者及び設計監理業者は、それぞれ何社か。

設計業者、設計監理業者ともに1社である。

 

空調設備の配管カバーの材質を変更した等によるとあるが、「等」とは他にどのようなものがあるのか。

配管の長さの変更など、現場で工事をする際に発見し、設計変更したものが約100項目ぐらいある。

 

約100項目もの変更とは、あまりに多いと思うがどうか

現場での契約変更は、よくあることで多いとは考えていない。

 

設計業者の瑕疵とも言えるのではないかと思うが、ペナルティーは考えているのか。

設計業者の瑕疵と考えていないことから、ペナルティーを課す考えはない。

 

国の交付金をもらっての事業だと認識しているが、交付金額に影響はないのか。

小学校が1教室増加し、中学校は増減なしであったが、国の交付金額に影響はない

 

 

議案1件は以下のとおりです。

令和元年5月29日に発生しました、東浦町体育館の樹木(桜・ソメイヨシノ)の管理瑕疵による物損事故に係る「損害賠償の額の決定及び和解について」です。

 

概要は、

・令和元年5月29日午後2時35分頃、東浦町体育館駐車場において、強風にあおられた樹木の老朽化した枝が、駐車してあった相手方の車両に落下し、当該車両のフロントガラス等を破損させた。

損害賠償の額は52万193円で、過失割合は東浦町が100%。

・和解の内容は、東浦町が相手方に対し、52万193円を支払う。

 

質疑では以下のとおりです。

 

相手方は、体育館の利用者なのか。

テニスコートを利用する利用者である。

 

損害賠償の額の内訳は。

修理費が24万8,000円、台車代が27万2,000円ほどです。

 

相手方の車両及び台車の車種は。

ともに外国産ステーションワゴンのボルボである。

 

桜の対処は。

樹齢50年以上のものなので、老朽化が著しいことから当該樹木だけでなく、体育館敷地内の老朽化した樹木はすべて伐採した。

 

採決では、賛成全員で可決されました。

JUGEMテーマ:地方議会

 

| 臨時会 | 20:13 | comments(0) | - |
議長 所信表明

令和元年5月15日に開催されました東浦町臨時会におきまして、議員各位のご推挙をいただき、議長に就任することになりました。

 

本会議での議長選挙の前に、議員総会(議員全員が参加する会ではありますが、一般傍聴はできません。)にて、議長選挙の所信表明を行いました。

 

以下にその内容を記載します。

 

それでは、議長選挙に対しての所信を述べさせていただきます。現在、全国のほとんどの自治体で、少子高齢社会・人口減少社会を迎え、先行きが予想し難いという厳しい時代となっています。その中において、本町も例外ではありません。当然に課題も山積しており、議会の役割は、以前にも増して重要になってきていると認識しています。

 

去る4月に実施されました町会議員選挙では、全国的に「議員のなり手不足」と懸念されている中、本町では定数16名に対し、23名が立候補しました。皆様方におかれましては、大変厳しい選挙に勝ち抜き、今、この場にいらっしゃることと思います。

 

町民の皆様から負託を受けて議員になられた皆様方が構成員となる議会、言い換えれば、二元代表制の一翼を担う議会の役割は、常に町民の側に立ち、町民生活の向上のために、使命と責任を果たさなければならないものと考えます。そのためには、私自身、町民から親しまれ、また、町民から信頼される議会の構築のため、不断の努力と研鑽を行って参る決意でございます。

 

また、執行機関との関係におきましては、一定の緊張感を持ち、是々非々の立場で、チェック・アンド・バランスを堅持して参る必要があると考えております。

 

町民にとってより良い町政実現を目指すために、多様な社会となっている現在、議会においても、様々な角度から意見を出し合い、よりよい合意形成が図れる、活発な議会を築いて参るためにも、私自身、努力して参る所存であります。

 

最後になりますが、私自身、より一層努力と行動を続けることをお約束させていただくとともに、議長として、公平、公正な議会運営に努めるとともに、皆様方のご意見に真摯に耳を傾けてまいる決意でございます。

 

どうぞ、皆様方のご賛同とご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げ、私の議長選挙における所信表明とさせていただきます。

 

誠にありがとうございました。

 

 

 

| 臨時会 | 20:24 | comments(0) | - |
こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ