東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

平成30年6月議会 一般質問通告

東浦町職員の人事及び給与について

 

現在、地方公共団体を取り巻く環境が変化している中、地方公共団体が担う役割がより多様なものになっている。今後、職員に期待される能力も一層多様化し、職員には、専門性、創造性、柔軟性、協働性、コミュニケーション能力などが求められると考える。

 

多様な人材の確保と育成(能力の向上)が必要であり、それが住民へのサービス向上に繋がると考える。そこで、本町の見解を伺う。

 

 

1 職員(正規職員)の採用試験状況、自己都合退職及び給与について

 

(1)本町及び刈谷市の一般行政職員(事務職)・保育士(幼稚園教諭を含む。)における採用予定人員、倍率及び採用人員について、採用試験実施年度、平成27年度から平成29年度までの3年間の推移を伺う。

 

(2)本町及び刈谷市の一般行政職員(事務職)・保育士(幼稚園教諭を含む。)における、平成30年度採用の初任給及び採用10年目の平均給料額を伺う。

 

(3)本町及び刈谷市の一般行政職員(事務職)・保育士(幼稚園教諭を含む。)における、自己都合退職者数の平成27年度から平成29年度までの推移を伺う。また、その自己都合退職者がそれぞれの同じ職種の全職員数(正規職員)に占める割合を伺う。

 

(4)本町において、職員の給与額を増額し、刈谷市と同等程度とする考えは。

 

 

2 本町の職員の人事異動及び昇任について

 

(1)本町職員は、一定年数ごとのジョブ・ローテーション(戦略的・計画的に行う人事異動)を実施しているのか伺う。

 

(2)職員の昇任について、どのような基準により決定しているのか伺う。また、課長以上の管理職には、どのような能力が必要と考えているのか伺う。

 

(3)職員の昇任(特に部長・課長)において、昇任希望者を対象に、論文・面接などの試験を実施する考えは。また、一定の研修の受講・資格の取得などを昇任の条件にする考えは。

 

(4)本町の職員募集において、一定期間を従事した社会人経験者(民間企業経験者)を対象に、特別枠として一定人員を採用する考えは。また、課長職を社会人経験者枠で採用する考えは。

 

 

※ 私の一般質問は、6月8日(金)11時45分からの予定です。

 

 

| 一般質問(定例会) | 11:22 | comments(0) | - |
3月議会 一般質問「介護予防及び健康づくりについて」

「介護予防及び健康づくり」について、一般質問しました。

以下は、行政への事前通告、及び通告に対する答弁であり、その後の再質問は掲載していません。

 

 「いきいき健康マイレージ事業」において、平成30年度から事業を拡大する予定としているが、その内容は。

 

 現在実施している「いきいき健康マイレージ事業」は、各年度4月1日時点において60歳以上の町民を対象として、個人の健康への取り組みに対してポイントを付与し、貯めたポイントにより、各種景品と交換を行うことで、自身の健康への取り組みを継続してもらうことを目的とした事業となっている。

拡大する対象者の範囲は、各年度4月1日時点で18歳以上の方を予定している。

また、拡大する目的は、平成27年度の事業開始時は、高齢者の介護予防を目的とした事業だったが、平成30年度からは介護予防のみを目的とした事業ではなく、若い世代から広く健康への意識を高めていただくことを目的とした事業として内容を拡大するものである。

 

 

 本町における在宅医療・介護連携に関する現状分析で、要支援者の1年後の重症化率について全国値と本町の重症化率は

 

 平成28年5月から29年5月までの、本町の要支援1から要支援2以上への重症化率は43.5%要支援2から要介護1以上への重症化率は27.1%

全国では、要支援1から要支援2以上への重症化率が32.5要支援2から要介護1以上への重症化率が22.5%

国より本町のほうが重症化率は高くなっている。

 

 

 本町の重症化率について、要因等をどのように分析しているか。また、具体的な対策を考えているのか。

 

 現在、詳細な分析はできていないが、重症化する原因としては、加齢や要介護になるきっかけとなった疾患や慢性的に治療している疾患の有無により、個人差が出てくるものと考えている。

本町においては、要介護状態に至る前の成人期からの健康づくりが重要であると考え、一般介護予防事業に位置付けられる、各種介護予防教室や、糖尿病の悪化を食い止めるための糖尿病性腎症重症化予防事業など、多様な事業を実施し、自身の健康づくりを始めるきっかけ作りを進めている

 

 

 75歳以上の後期高齢者に対し、簡易スクリーニングとして「フレイルチェック事業」を実施しているが、その取組状況等は

 

 フレイルチェックの対象は、4月1日現在で75歳以上の方であり、介護保険法に基づく要介護及び要支援の認定を受けていない方としており、29年度は3,987名の対象者へ郵送した。そのうち、回答があった方は3,441

フレイルチェックの結果、「フレイル」に該当した方は414名で、そのうち、対面にて基本チェックリストを実施した人数は、平成30年1月末時点で325名

さらに、そこから、何らかの支援が必要と判断された人数は120名である。

 

 

 65歳から74歳までの前期高齢者も対象とする考えは

 

 平成28年国民生活基礎調査によると、要介護認定等を受けた方のうち、75歳以上の割合が多数を占めていることが調査結果として示されている。

本町の要介護・要支援認定者数を見ても、平成29年9月末現在、65歳以上75歳未満の方の認定率は4.6%75歳以上の方の認定率は29.8%であり、75歳から何らかの介護が必要となる状態が多くなる年代となっている。

要介護状態に至る対象者を減少させるため、本町においては、75歳以上の世代へ集中的に対応を行うことが重要であると考えている。

そのため、65歳から74歳までの前期高齢者を対象とするフレイルチェックは、現在のところ考えていない

 

 

 「フレイルチェックシート」の質問項目数5項目のうち3項目が該当すればフレイルと判断しているが、質問項目数を現在の5項目から見直す考えは

 

 本町にて実施するフレイルチェックの質問項目は、国立長寿医療研究センターの研究により、身体的、精神的な衰えを計る項目として設定されている。

5項目の質問以外にも、握力、歩行速度といった検査項目を取り入れる研究があるが、この検査を実施するには、検査時間等が必要となる。

現在、本町のフレイルチェックは、簡易な方法にすることで、より多くの方の状況を把握することができ、ある程度の把握で早期に必要な支援につなぐことができると考えているため、現在のところは、質問項目数を見直す考えはない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般質問(定例会) | 13:32 | comments(0) | - |
3月議会 一般質問「東浦町工場立地法に基づく町準則を定める条例の制定」

「東浦町工場立地法に基づく町準則を定める条例の制定」について、一般質問しました。

これは、工場を増設、新設する際に、緑地面積率等を国の基準より緩和するものであります。

 

 条例の制定目的は。

 

 平成28年の工場立地法の一部改正により、町村においても一定規模以上の工場における緑地面積率等の基準を法律の範囲内で、条例により定めることが可能となった。

本町で、この緑地面積率等の基準を国の基準より緩和することで、既存工場を増設する際に、同じ敷地内で建築できる可能性が広がること、また、新設工場の土地利用がより有効となる等、企業誘致の際の優遇策となることを目的としている。

なお、市では平成23年の工場立地法の一部改正により町村より先に準則を定める条例の制定が可能となっている。

近隣の市が緩和措置を講じているなか、本町においても緑地面積率等を緩和することは、積極的な設備投資や外部からの企業進出をしやすくなるなど町内経済の活性化につながるものと考えている。

 

 

 条例で示す規制緩和基準の概要は。

 

 工場立地法では、緑地面積率20%以上、環境施設面積率25%以上、重複できる緑地は、敷地面積に緑地面積率を乗じて得た面積の4分の1とされている。

工場立地法に基づく町準則を定める条例において、準工業地域では、緑地面積率10%以上、環境施設面積率15%以上、工業地域では、緑地面積率5%以上、環境施設面積率10%以上、用途地域の指定のない区域のうち、別表で定める区域では、緑地面積率5%以上、環境施設面積率10%以上と定める。

また、これら3種の区域において、重複できる緑地は、敷地面積に緑地面積率を乗じて得た面積の2分の1と定める。

 

 

 規制緩和基準は、どのような観点から設定したのか。

 

 まず、本町の都市計画法の用途区域等について緑地面積率等の緩和を行う区域を選定した。

工場立地法第4条の2第1項の規定により国の準則に代えて、町の準則で基準を定める場合には、国が定める可能な範囲において定めることができるとされている。

国が定める区域の区分ごとの基準範囲は、準工業地域では、緑地面積率10%以上から25%以下、環境施設面積率15%以上から30%以下、工業地域と用途地域の指定のない区域のうち、別表に定める区域では、緑地面積率5%以上から25%以下、環境施設面積率10%以上から30%以下と定められている。

本条例での設定は、工場からの緑地緩和の要望に応えられる最大の緩和とし、法律の範囲内で認められている最下限の率を適用した。

また、多数の市で最下限値を設定しており、市と同様の条件整備を行い、企業の優遇策において競争力を高めるための率とした。

 

 

 良好な景観の形成を推進する「東浦町景観条例」との整合性を、どのように図っているのか。

 

 景観条例では、魅力ある景観の保全、活用及び創造に寄与することを目的にしている。

工場立地法に基づく町準則を定める条例は、一定規模以上の工場敷地内の緑地面積率等の緩和措置を目的としており、景観条例との整合は図っていない

既存工場を増築する場合や工場を新築する場合など、緩和後の基準に基づいた緑地面積率等で土地利用を計画していくこととなるが、その際に景観条例に基づく手続きの中で、景観計画との整合を図っていくものと考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 一般質問(定例会) | 17:42 | comments(0) | - |
12月議会 一般質問「子育て世代包括支援センター」

平成29年第4回東浦町議会定例会 一般質問において、「子育て世代包括支援センター」について質問しました。

その内容は、以下のとおりです。

 

 子育て世代包括支援センターの具体的業務内容は

 

 子育て世代包括支援センターの業務は、妊娠初期から子育て期にわたり、医療機関・児童相談所などの保健医療機関、保育園・子育て支援センターなど福祉関係機関と連絡調整を行い、切れ目のない支援を行っていく

 

支援対象者は、妊娠期から18歳までの子どもとその保護者を対象としているが、中でも、3歳までの子育て期に視点をおいたもの

 

具体的には、妊娠の届出等の機会で、妊産婦及び乳幼児の実情を把握し、妊娠・出産・子育てに関する相談に応じ、情報提供・助言・保健指導を行い、必要に応じて支援プランを作成する。

 

 

Q 子育て世代包括支援センターの運営費概算額は。

 

A 子育て世代包括支援センターとしての新規事業費は、700万円を見込んでいる。内訳としては、利用者支援事業費が520万円で、母子保健事業費として、180万円を見込んでいる。

 

利用者支援事業費は、総合子育て支援センターと保健センターで連携して行うために、利用者支援専門員や保健師などの専門職を配置することが必須となっていることから、人件費が主な経費となる。

 

母子保健事業費は、助産師による相談事業をはじめとした、産前・産後の支援の充実を図るための経費となる。

 

 

Q 子育て世代包括支援センターを設置することにより、住民にとって、何が変わるのか

 

A 気軽に相談することができるよう、体制づくりを行う。センターに行けば何らかの支援につながる情報が得られるワンストップ拠点となるよう目指し、より一層相談しやすい環境づくりを行う

 

 

Q 子育て世代包括支援センターの業務内容は、全て平成30年度から実施するものか。また、現在はこのような業務は全く行っていないのか。

 

A 子育て世代包括支援センターは、平成30年度中の設置を目指して、現在準備を進めている。

 

また、現在、子育て世代包括支援センターは未設置のためセンター業務としては実施していないが、子育て事業・母子保健事業とともに、既に子育てに関する相談事業など実施をしている。

 

子育て世代包括支援センターを設置することにより、より一層、子育てと母子保健との連携を深め、不足している産後ケア事業を充実させる。

 

 

Q 利用者支援事業は、どのような事業を想定しているのか。

 

A 利用者の個別ニーズの把握。情報の集約・提供。出張相談支援を想定している。

 

 

Q 出張相談支援の具体的な支援、手法は。

 

A 「赤ちゃん教室」や「乳幼児健診」、また児童館で実施している「ひよこっこ」や保育園の「園庭開放」など、地域で開催されている交流の場に利用者支援専門員が出向き、子育ての相談やサービスに関する情報提供を行う

 

 

Q 母子保健事業は、どのような事業を想定しているのか。

 

A 新たな事業として、

  1 助産師による妊娠期からの相談事業

  2 産後2週間目おめでとう電話として、助産師による電話相談支援事業

  3 生後3か月ぐらいまでの赤ちゃんとママを対象としたフリースペースを開催し、居場所支援事業 

  4 産後の体調不良で赤ちゃんのお世話が困難な方や育児不安の強い方を対象に、産科医療機関で産後ケア支援を受けた場合の利用料の補助事業

 このような事業を予定している。

 

 

Q 子育て世代包括支援センターの設置根拠は。

 

A 「児童福祉法等の一部を改正する法律」において母子保健法第22条の改正が行われ、「子育て世代包括支援センター」が新たに規定され、市町村は同センターを設置するよう努めなければならないとされている

 

 

Q 法改正の概要では、「子育て世代包括支援センター」は「母子保健に関し、支援に必要な実情の把握等を行う」機関となっているが、本町では、それに加え利用者支援事業を行うこととしているが、その子育て事業の対象となる子どもは何歳までになるのか。

 

A 18歳までの子どもとその保護者が対象ですが、特に3歳までの子育て期に視点をおく。

 

 

Q 新規事業は、700万円であり、利用者支援専門員や保健師などの専門職の人件費が主な経費とのことだが、何人分になるのか。

 

A 利用者支援事業の職員体制は、利用者支援専門員1名、保健師1名の計2名分。

 

 

Q 利用者支援専門員は、どのような資格を持った方なのか。

 

A 保健師や助産師などの資格を持った者と、保育士、社会福祉士などの実務経験があり、子育て支援員専門研修を受講した者。

 

 

Q 子育て世代包括支援センターは、本町はどこに設置するのか。

 

A 総合子育て支援センターへの設置を予定している。

 

 

Q 近隣市町の設置状況は。

 

A 平成29年4月現在、知多管内では、半田市、常滑市、東海市に設置されている。

 

 

| 一般質問(定例会) | 16:18 | comments(0) | - |
12月議会 一般質問「保育園保育料の見直し」

平成29年第4回東浦町議会「保育園保育料の見直し」についての一般質問の内容は以下のとおりです。

 

 見直しをする具体的内容は。

 

 現在、保育園に兄弟同時入所している2人目の保育料については、世帯の収入にかかわらず、すべての世帯において保育料を無料としている。

 

平成30年度からは、町民税所得割課税合算額57,700円以上の世帯について、兄弟同時入所2人目の保育料を、無料から保育料徴収基準額の半額にする

 

町民税所得割課税合算額57,700円未満の世帯については、兄弟同時入所2人目の保育料無料化を継続する。

 

また、本町独自の軽減施策としては、低所得世帯に対し、町民税非課税世帯の第1子の保育料及び長時間保育料を無料とし、ひとり親世帯等に対しては、町民税所得割課税合算額77,101円未満のひとり親世帯等について、第1子の保育料及び長時間保育料を無料とする。

 

 

 現在の保育料決定方法の開始時期、及び導入当時の目的は。

 

 兄弟同時入所2人目の保育料無料化は、平成2110月から実施している。

 

導入当時の目的としましては、家計の状況を鑑み、子育てにおいては、非常に費用がかかる中で、その出発点となる乳幼児を育てていくことに対して、家庭の責任だけではなく、行政もその一翼を担う必要があると考えたものである。

 

本町においても、当時、子育てをバックアップしていくことは、必要であると考えておりました。国の制度を待つだけでは、安心して子どもを育てていく環境を作ることが難しく、自治体として新しい独自の制度を構築し、子育て支援の充実を図るため、兄弟同時入所2人目の保育料無料化を実施した。

 

 

 今回の見直しにより対象となる世帯数、及び年間の影響見込額は。

 

 町民税所得割課税合算額57,700円以上の世帯について、兄弟同時入所2人目の保育料を無料から保育料徴収基準額の半額に見直しを実施した場合の対象世帯数は153世帯、年間2,300万円ほどの新たな歳入の増加を見込んでいる。

 

低所得世帯に対する、町民税非課税世帯の第1子について、保育料及び長時間保育料を無料とした場合の対象世帯数は10世帯、年間480,000ほどの新たな歳入の減少を見込んでいる。

 

ひとり親世帯等に対する、町民税所得割課税合算額77,101円未満世帯の第1子について、保育料及び長時間保育料を無料とした場合の対象世帯数は8世帯、年間264,000ほどの新たな歳入の減少を見込んでいる。

 

 

 見直しにより生じる影響額を財源にして、どのような事業を実施する予定か。

 

 本町の子育て施策に対し、従来の「親に対する支援」から子どもに視点を向けた「子ども支援」を施策・政策に取り入れていく

 

また、「親からの目線、子どもからの目線及び専門的な知見」のそれぞれの視点を活かし、地域の関係機関と連携し、子育て施策の支援を切れ目なく行うことで、より一層支援の充実を図りたいと考えている。

 

具体的には、より充実した保育を実現するため、1クラスに1人正規職員の保育士を配置すること及び現在各園に1人ずつ配置されている園長代理級の保育士を緒川・石浜・石浜西保育園の大規模園には2名配置をすることで見込まれる保育士38人分の定数を増加する。

 

今回の見直しにより生じる影響額は、この増加に係る費用の一部として充当すること考えている。

 

 

 

 

 

| 一般質問(定例会) | 01:06 | comments(0) | - |
平成29年12月議会 一般質問通告

平成29年第4回東浦町議会定例会(12月議会) 一般質問の通告書を提出しました。

内容は、以下のとおりです。

 

1.保育園保育料の見直しについて

 

平成29年9月7日に開催された全員協議会において、平成30年度から保育園保育料の見直しをする旨の説明を受けた。そこで当局に伺う。

 

(1)見直しをする具体的内容は。 

 

(2)現在の保育料決定方法の開始時期、及び導入当時の目的は。 

 

(3)今回の見直しにより対象となる世帯数、及び年間の影響見込額は。 

 

(4)見直しにより生じる影響額を財源にして、どのような事業を実施する予定か。

 

2.子育て世代包括支援センターについて

 

 子育て世代包括支援センターを平成30年度に設置予定とのことから、当局に伺う。

 

(1)子育て世代包括支援センターの具体的業務内容は。 

 

(2)子育て世代包括支援センターの運営費概算額は。

 

 

私の一般質問は、平成29年12月8日(金)の2番目ですので、午前10時30分過ぎ頃の予定です。

 

 

| 一般質問(定例会) | 20:23 | comments(0) | - |
暮らしの便利帳未配布について(平成29年9月議会一般質問)

東浦町暮らしの便利帳について

 

 日常生活に役立つ役場での手続きや地域情報を掲載した「東浦町暮らしの便利帳」を業者との官民協働事業により発行し、全戸配布する予定だったが、配布されていない家庭もあることから伺う。

 

問 契約内容は。

 

答 平成28年12月21日付で、「「東浦町暮らしの便利帳」の協働事業に関する協定書」、「「東浦町暮らしの便利帳」配布に関する覚書」、「「東浦町暮らしの便利帳」の電 子書籍化に関する確認書」を締結した。

 協定書の主な内容は、町の提供する行政情報をもとに、協働発行事業者がデザインやレイアウトの企画、編集及び印刷、便利帳の全戸配布、広告主の募集を行うことになっている。覚書は、便利帳の配布作業について定めていた。確認書は、便利帳を電子書籍化し、共同発行事業者が運営するサイト上で提供することを定めている。

 

問 協定書、覚書、確認書は、法的効果がある書面と認識してよいか。

 

答 法的な効果があるものと考えている。

 

問 配布漏れを把握した経緯は。

 

答 平成29630日に町内在住の職員から、まだ届いていないとの連絡を複数受けた。

その後、事業者に配布状況を確認したら、森岡地区や石浜地区のうち一部のエリアを中心に、未配布の地域があることが判明した。

 

問 業者との配布履行期間の契約内容は。

 

答 配布予定期間は発行後1か月以内、未配布への対応は配布予定期間経過後1か月となっていた。

  5月末に発行したので、6月中に配布し、7月に未配布への対応予定となっていた。

 

問 未配布世帯が多いことから、事業者との契約内容を変更したのか。

 

答 配布の遅延が発生したことから、未配布世帯への対応期間を当初の7月末となっていたものを8月末まで延長した。なお、9月以降に未配布の連絡があった場合は、本町で対応している。

 

問 平成2971日以降に配布した戸数は。

 

答 170戸の世帯から配布されていないとの連絡があり、速やかに配布した。また、平成29712日から17日までに1,907戸配布した。さらに戸別訪問し、55戸へ配布した。これら2,000部を追加配布した。

  結果、平成29831日現在、合計288部を配布した。

 

問 9月以降の未配布の対応は、役場となっているが何世帯に配布したのか。

 

 9月に未配布の連絡を受け、3世帯に配布した。

 

問 業者の選定は、どのように決定したのか。

 

答 公募型プロポーサル方式で、参加申し込み業者が2社あり、提案書及びプレゼンテーションにより、町職員5名で構成した審査委員会にて、企画内容、デザインやレイアウト等の編集内容、発行及び配布スケジュールの内容、業務遂行能力、広告募集能力などを総合的に審査し決定した。

 

問 結果、配布漏れが多数発生したが、選定方法に誤りがあったのではないか。

 

答 今後は、配布業務の委託のあり方を検討したい

 

問 今回の未配布は、業者の債務不履行に該当し、職員の通常業務の遂行に支障をきたしていること、勤務時間中に対応することになったことなど、損害が発生していることから、損害賠償請求ができるという認識はあるのか。

 

答 認識はある

 

JUGEMテーマ:地方議会

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

| 一般質問(定例会) | 13:14 | comments(0) | - |
東浦町職員の法令遵守(平成29年9月議会一般質問)その2

固定資産税課税内容の一斉点検による課税誤りについて

 

問 「東浦町固定資産税等返還金支払要綱」に基づき返還しているが、地方税法及び民法上の請求権の消滅時効は。

 

答 地方税法上の還付金の消滅時効は、同法第18条の3で5年と定められている。一方、国家賠償法第4条では、公共団体の損害賠償の責任は特定の場合を除いては、民法によるとされており、民法における不法行為による損害賠償請求権の時効は、同法第724条で20年と定められている。

 

問 固定資産税に関する行政文書の保存年限及び根拠規定は。

 

答 「東浦町固定資産税等返還金支払要綱」では、最大20年遡って過誤納金を返還することとしている。従って、固定資産に関する行政文書の保存年限は20年としている。

 根拠規定としては、東浦町文書管理規程第47条により保存年限の区分を10年とし、同規程第50条第3項により主務課長が職務上必要と認める場合は、保存年限の延長が認められており、20年まで延長している。

 

問 保存年限を主務課長が職務上必要と認める場合は、保存年限の延長が認められるとのことだが、固定資産に関する行政文書以外で、同様なケースはあるのか。

 

答 他にはない

 

問 民法における不法行為による損害賠償請求権の時効は、同法第724条で20年とされているが、損害賠償の事実を証明する責任は、請求する方にあるのか、請求される方にあるのか。

 

答 請求する方にある。

 

 

 

卯ノ里小学校の学校給食への異物混入について

 

 経緯は

 

 平成2977日に卯ノ里小学校から、ソフト麺の五目スープに虫が入っていたと学校給食センターへ電話連絡があり、早急に学校へ出向き、担任から食缶の中蓋を取ったらハエが浮いていたとの説明を受け、混入の状況を確認した。

   ハエがどの状態で混入したのかを確認するため、愛知県学校給食会検査課へ持参し検査したところ、ハエは加熱された状態であるとの検査結果であったことから、学校給食センターで混入した可能性が高いと判断した。

  その後、平成29710日に保護者あての報告文書を作成し、小学校を通じて配布した。

 

 今後の対応は

 

答 食材を搬入する扉にはエアカーテン、駐車場には殺虫灯を設置し、虫など外部からの進入を防いでおり、専門業者と害虫生息調査及び害虫駆除業務委託を締結して、害虫の駆除を行っている。また、調理員が食材の下処理をする際には3回にわけて洗浄を行い、調理中や調理後の食缶への配膳では目視による確認をして、害虫等の混入がないように努めている。

今後も、朝礼や学期末の研修で異物混入への注意喚起を徹底し、日々の各作業工程における目視確認を強化するとともに、常に調理場を清潔に保つよう清掃を行い衛生管理に努めていく

 

 

 

社会教育委員会の公募委員について

 

 社会教育委員会の公募委員は、「東浦町審議会等の委員の公募に関する要綱」の規定では、2名以上になるが、募集人数を1とした理由は。

 

 社会教育委員の任期は2年としており、委員の委嘱は平成2641日と平成2841日の2回行っている。しかし、公募に関する要綱の規定を十分理解していなかったことから、本来ならば2名以上の公募委員を募集すべきところを、いずれも1名の募集としていた

  今後は、このようなことがないよう、要綱の規定に沿った適正な事務処理を行っていく。

 

JUGEMテーマ:地方議会

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

 

 

| 一般質問(定例会) | 11:58 | comments(0) | - |
東浦町職員の法令遵守(平成29年9月議会一般質問)その1

 車検切れ公用車の使用について

 

 車検切れ公用車使用の経緯は 

 

 都市整備課公用車が、平成29623日に非常勤職員が運転する公用車と対向車がすれ違いの際に、ミラー同士が接触する事故を起こし、交番において、事故処理等の手続きを行ったところ車検切れが発覚した。

   スポーツ課公用車は、平成29628日に総務課から公用車の車検証の写しを提出するよう求められた際に、車検有効期限が平成29625日付けで満了となっていたにもかかわらず、2日間使用したことが発覚した。 

 

 今後の対応は 

 

 運転使用前の点検確認とともに、運転日誌・ダッシュボードに車検満了日の表示シールを貼付け、公用車維持管理状況表に「車検有効期限満了日」欄を設け、車検満了日の確認を徹底する。

  また、車検整備を忘れることがないよう、公用車を管理する所属課と集中管理する総務課で二重の管理を行う

問 車検が切れた車を運転した場合の罰則は 

 

 6か月以下の懲役または30万円以下の罰金

 

 自動車損害賠償責任保険が切れた車を運転した場合の罰則は 

 

 1年以下の懲役または50万円以下の罰金

 

 

東浦町水道事業における計量法違反について

 

 経緯は。

 

 平成28年度に有効期限切れの3階建て以上の集合住宅における建物所有者が設置、管理する私設水道メーターの存在が確認でき、建物所有者に対してメーター                   取替えの通知等により改善に取り組んでいたところ、平成29年6月6日に東浦町コンプライアンス委員会に対して、有効期間の切れた水道メーターによる水道料金徴収は違法ではないかと公益目的通報があった

 東浦町コンプライアンス委員会で調査した結果、有効期間の切れた水道メーターを計量に使用したことは違法と判断され、使用水量は認定により算出すべきであると報告を受けた。

 

 水道メーターの有効期限は。

 

 検定後8年間となっている。

 

 今回の事案では、水道メーター取替の義務者は誰なのか

 

 3階建て以上の集合住宅(中高層住宅)なので、義務者は建物所有者となる。

 

 本町の違法行為は、具体的に何なのか。

 

 計量法において、第16条第1項では有効期間切れの水道メーターを取引または証明における法定計量単位による計量に使用することを禁じており、有効期間切れの私設水道メーターによって計量していたことが法令違反にあたる。

 

 有効期間切れの水道メーターによって計量をした場合の罰則は。

 

 6か月以下の懲役もしくは50万円以下の罰金。または、この両方(併科)になる。

 

 その後の対応は

 

 平成29621日に該当する35件の建物所有者に水道メーターの取替のお願いの文書を送付し、また、613名の水道使用者に有効期間が過ぎた水道メーターによる上下水道料金の徴収についてお詫びの文書を送付した。

 

 

JUGEMテーマ:地方議会

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

 

| 一般質問(定例会) | 18:43 | comments(0) | - |
平成29年9月議会 一般質問通告

平成29年9月議会の一般質問の通告を以下のとおり、提出いたしました。

 

1.本町職員の法令遵守(コンプライアンス)について

 

 最近、本町職員の不祥事が相次いでいることから、事実関係等を伺う。

 

(1)東浦町水道事業における計量法違反について

 . 経緯を伺う。

 . 具体的に、何の法令、条項に違反したのか伺う。 

 

(2)車検切れ公用車使用について

 . 経緯を伺う。 

 イ. 具体的に、何の法令、条項に違反したのか伺う。 

 

(3)固定資産税課税内容の一斉点検による課税誤りについて

 ア.「東浦町固定資産税等返還金支払要綱」に基づき返還しているが、地方

税法及び民法上の請求権の消滅時効について、該当する条項を伺う。 

 イ.固定資産税に関する行政文書の保存年限及び根拠規定を伺う。 

 

(4)卯ノ里小学校の学校給食への異物混入について

 ア. 平成29年7月7日実施の給食において、ソフトめんの五目スープかけに

ハエが混入しており、そのことについて卯の里小学校の保護者あてに給食セ

ター所長からお詫びの文書が配布されたが、その経緯について伺う。 

 イ. 今後、点検確認を徹底するとのことだが、その具体的内容について伺う。 

 

(5)ゆかたでクラシックコンサートについて

 平成29年8月12日に於大公園内のこのはな館において「ゆかたでクラシックコンサート」が開催されたが、本町は「協力」という位置づけになっていた。しかし、「ゆかたでクラシックコンサート」での実際の関わり方は、「協力」を超える行動であったと考えられることから伺う。

 ア.「ゆかたでクラシックコンサート」において、主催者、協賛者、協力者

は、それぞれ何を行ったのか伺う。

 イ.協賛金はいくらだったのか。また、協賛金の使途は何なのかを伺う。 

 ウ.開催当日、本町職員は公務として運営に携わっていたのか伺う。 

 

(6)社会教育委員会の公募委員について

 「東浦町審議会等の委員の公募に関する要綱」では、公募による委員の人数

は、「その構成委員数の10分の1以上3分の1以下の数とする」と規定して

る。社会教育委員会の公募委員は1名である。委員総数12名であることか

ら、要綱の規定からすると、公募委員は2名以上にすることとなるが、公募

委員の募集人数は1名であった。なお、応募者は4名であった。募集人数を

1名とした理由を伺う。 

 

(7)本町職員の不祥事が相次いでいることに対して、職員に何が欠けている

と考えているのか。また、どのように指導していくのか伺う。 

 

 

2.「東浦町暮らしの便利帳2017」について

 

 日常生活に役立つ役場での手続きや地域情報を掲載した「東浦町暮らしの便利帳2017」を業者との官民協働事業により発行し、全戸へ配布する予定だったが、配布されていない家庭もあることから契約内容等を伺う。

 

(1)業者とは、配布の履行期間を含め、どのような契約をしていたのか。 

 

(2)業者選定までの経過を伺う。 

 

(3)平成29年7月1日以降に、住民等から「配布されていない」との連絡を受け、配布した戸数は何戸あったのか。

 

 

私の一般質問は、9月11日(月)の2番目の予定です。

 

 

 

 

 

 

| 一般質問(定例会) | 11:26 | comments(0) | - |
こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ