東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 東浦町職員の法令遵守(平成29年9月議会一般質問)その2 | main | 北朝鮮による弾道ミサイル発射及び核実験に抗議する決議 可決 >>
暮らしの便利帳未配布について(平成29年9月議会一般質問)

東浦町暮らしの便利帳について

 

 日常生活に役立つ役場での手続きや地域情報を掲載した「東浦町暮らしの便利帳」を業者との官民協働事業により発行し、全戸配布する予定だったが、配布されていない家庭もあることから伺う。

 

問 契約内容は。

 

答 平成28年12月21日付で、「「東浦町暮らしの便利帳」の協働事業に関する協定書」、「「東浦町暮らしの便利帳」配布に関する覚書」、「「東浦町暮らしの便利帳」の電 子書籍化に関する確認書」を締結した。

 協定書の主な内容は、町の提供する行政情報をもとに、協働発行事業者がデザインやレイアウトの企画、編集及び印刷、便利帳の全戸配布、広告主の募集を行うことになっている。覚書は、便利帳の配布作業について定めていた。確認書は、便利帳を電子書籍化し、共同発行事業者が運営するサイト上で提供することを定めている。

 

問 協定書、覚書、確認書は、法的効果がある書面と認識してよいか。

 

答 法的な効果があるものと考えている。

 

問 配布漏れを把握した経緯は。

 

答 平成29630日に町内在住の職員から、まだ届いていないとの連絡を複数受けた。

その後、事業者に配布状況を確認したら、森岡地区や石浜地区のうち一部のエリアを中心に、未配布の地域があることが判明した。

 

問 業者との配布履行期間の契約内容は。

 

答 配布予定期間は発行後1か月以内、未配布への対応は配布予定期間経過後1か月となっていた。

  5月末に発行したので、6月中に配布し、7月に未配布への対応予定となっていた。

 

問 未配布世帯が多いことから、事業者との契約内容を変更したのか。

 

答 配布の遅延が発生したことから、未配布世帯への対応期間を当初の7月末となっていたものを8月末まで延長した。なお、9月以降に未配布の連絡があった場合は、本町で対応している。

 

問 平成2971日以降に配布した戸数は。

 

答 170戸の世帯から配布されていないとの連絡があり、速やかに配布した。また、平成29712日から17日までに1,907戸配布した。さらに戸別訪問し、55戸へ配布した。これら2,000部を追加配布した。

  結果、平成29831日現在、合計288部を配布した。

 

問 9月以降の未配布の対応は、役場となっているが何世帯に配布したのか。

 

 9月に未配布の連絡を受け、3世帯に配布した。

 

問 業者の選定は、どのように決定したのか。

 

答 公募型プロポーサル方式で、参加申し込み業者が2社あり、提案書及びプレゼンテーションにより、町職員5名で構成した審査委員会にて、企画内容、デザインやレイアウト等の編集内容、発行及び配布スケジュールの内容、業務遂行能力、広告募集能力などを総合的に審査し決定した。

 

問 結果、配布漏れが多数発生したが、選定方法に誤りがあったのではないか。

 

答 今後は、配布業務の委託のあり方を検討したい

 

問 今回の未配布は、業者の債務不履行に該当し、職員の通常業務の遂行に支障をきたしていること、勤務時間中に対応することになったことなど、損害が発生していることから、損害賠償請求ができるという認識はあるのか。

 

答 認識はある

 

JUGEMテーマ:地方議会

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

| 一般質問(定例会) | 13:14 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ