東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 希望の党 どうなる愛知小選挙区 | main | インターンシップ生からの報告書 >>
希望の党 混迷する愛知小選挙区

希望の党が、第2次公認候補者を発表しました。

 

愛知県小選挙区では、未だに7区、8区、12区の公認候補者が発表されていませんが、状況が判明してきました。

 

7区は、民進党を離党した 山尾志桜里前議員に対抗馬を出さない。

12区は、重徳和彦前議員が無所属で立候補。前回、民主党比例東海ブロック単独1位で当選した 中根康浩前議員は、引き続き比例東海ブロックでの名簿上位登載を希望しているものの難しいでしょう。

 

8区は、民進党前議員が、無所属での立候補を表明。これは、希望の党での身体検査(詳細は、週刊文春に掲載)で引っ掛かり、公認が出せないことから、決断したことです。

 

希望の党は、「都民ファースト」からも2名の都議会議員が離党し、混乱している状況です。都民ファーストなのか、国民ファーストなのか、自分ファーストなのか。

 

政権交代を目指すものの、代表が国政に進出しないという矛盾する行動であり、今回の総選挙は、かつてないほどの混乱した総選挙になりそうです。

 

| 国政 | 14:10 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ