東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< A級戦犯7人の「殉国七士の墓」を訪れました。 | main | ごみ袋値上げ 可決! >>
平成30年6月議会 一般質問通告

東浦町職員の人事及び給与について

 

現在、地方公共団体を取り巻く環境が変化している中、地方公共団体が担う役割がより多様なものになっている。今後、職員に期待される能力も一層多様化し、職員には、専門性、創造性、柔軟性、協働性、コミュニケーション能力などが求められると考える。

 

多様な人材の確保と育成(能力の向上)が必要であり、それが住民へのサービス向上に繋がると考える。そこで、本町の見解を伺う。

 

 

1 職員(正規職員)の採用試験状況、自己都合退職及び給与について

 

(1)本町及び刈谷市の一般行政職員(事務職)・保育士(幼稚園教諭を含む。)における採用予定人員、倍率及び採用人員について、採用試験実施年度、平成27年度から平成29年度までの3年間の推移を伺う。

 

(2)本町及び刈谷市の一般行政職員(事務職)・保育士(幼稚園教諭を含む。)における、平成30年度採用の初任給及び採用10年目の平均給料額を伺う。

 

(3)本町及び刈谷市の一般行政職員(事務職)・保育士(幼稚園教諭を含む。)における、自己都合退職者数の平成27年度から平成29年度までの推移を伺う。また、その自己都合退職者がそれぞれの同じ職種の全職員数(正規職員)に占める割合を伺う。

 

(4)本町において、職員の給与額を増額し、刈谷市と同等程度とする考えは。

 

 

2 本町の職員の人事異動及び昇任について

 

(1)本町職員は、一定年数ごとのジョブ・ローテーション(戦略的・計画的に行う人事異動)を実施しているのか伺う。

 

(2)職員の昇任について、どのような基準により決定しているのか伺う。また、課長以上の管理職には、どのような能力が必要と考えているのか伺う。

 

(3)職員の昇任(特に部長・課長)において、昇任希望者を対象に、論文・面接などの試験を実施する考えは。また、一定の研修の受講・資格の取得などを昇任の条件にする考えは。

 

(4)本町の職員募集において、一定期間を従事した社会人経験者(民間企業経験者)を対象に、特別枠として一定人員を採用する考えは。また、課長職を社会人経験者枠で採用する考えは。

 

 

※ 私の一般質問は、6月8日(金)11時45分からの予定です。

 

 

| 一般質問(定例会) | 11:22 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ