東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 小中学校普通教室エアコン設置補正予算 質疑 | main | 平成31年度一般会計予算修正案可決 提案理由 >>
中学校エアコン設置 不足額発生 臨時議会

平成30年12月議会において、小中学校の普通教室にエアコンを設置するための工事費が補正予算として上程され、審議の結果、可決されました。

 

その後、中学校において、12月議会で可決された補正予算額では工事費に不足が生じることが判明し、平成31年1月4日の仕事始めの日に、急遽臨時議会が開催されました。

 

本会議及び文教厚生委員会での質疑において、臨時議会に至る経緯が判明しましたので、時系列に紹介します。

 

 

平成30年9月19日 

設計業者1社と小中学校全10校の設計業務を締結(契約期間は平成31年3月20日まで)

 

平成30年10月末  

設計業者が概算見積を提出(詳細な数量等は不明で各学校ごとの工事費の概算額)

※この金額を基に12月議会で補正予算を上程

 

平成30年11月10日頃

設計業者に成果物(設計図書)を12月26日に提出できるか問い、提出可能と確認

 

平成30年12月20日   

議会で補正予算可決

 

平成30年12月26日 

設計業者から設計書、設計図面の成果物が提出

※12月議会での補正予算額より約3,000万円多いことが判明

※臨時議会で約3,000万円の補正予算を可決する必要があることが判明

 

平成31年1月4日

臨時議会が開催され、約3,000万円の増額補正予算を可決

 

平成31年1月4日

入札審査会、入札公告

 

平成31年1月23日

入札(開札)、工事業者と契約締結

 

 

Q 増額補正をする理由は?

 

A 電気配線の長さを延長することになったこと、及び延長することにより電圧降下を防ぐために電線の直径を長くする必要があることが判明したためである。

また、電線を入れる配管について、電線の直径が長くなることによって配管の直径も長くする必要が生じたことによる。

 

Q 12月26日に設計図書が提出されることが分かっていたのであれば、12月議会で補正予算を計上せずに、金額が判明してから臨時議会を開催すればよかったのではないのか?

 

A 小中学校の普通教室へのエアコン設置は、他の自治体も本町と同様に来年度稼働に向けて動いているので、少しでも早く予算確保し、入札、工事契約の締結をし、工事着工したかったことによる。

 

Q 今回、臨時議会で増額補正することにより、入札(開札)、工事着工の時期が遅くなることはないのか

 

A 臨時議会を開催することにはなったが、入札(開札)、工事着工の時期に変更は生じない 

 

Q 10月末に業者から提出された概算見積をもっと精査すべきであったのではないか

 

A 通常、概算見積は、その後に提出される詳細設計よりも多額であるので、今回も同様に考えていた。しかし、今回は電線の延長、線の直径が長くなったことにより増額されたため、このような結果になった。

 

Q 議会に提案する当初予算のうち、工事費(工事請負費)は最終的に必要となる工事費よりも多額を計上しているのか

 

A 工事費については、概算見積で計上していることから実際の工事費よりも多額で計上している

 

 

JUGEMテーマ:地方議会

 

| 議会 常任委員会 | 17:19 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ