東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 中学校エアコン設置 不足額発生 臨時議会 | main | 修正(廃止)された家庭保育給付事業とは >>
平成31年度一般会計予算修正案可決 提案理由

家庭保育給付金を削除する修正案を提出し、賛成10、反対3、棄権2で可決されました。以下に提案説明を記載いたします。

 

「議案第17号平成31年度東浦町一般会計予算に対する修正案」についての説明

 

今回修正案としてご提案申し上げますのは、第3款民生費 第2項児童福祉費における子育て支援事業費のうち、家庭保育応援給付金の予算を廃止することを求めるものであります。

 

 修正理由は、大きく3点あります。

 

 1点目は、目的との関連性であります。

家庭保育応援給付の目的は、家庭内での子育てを希望する方の経済的負担を軽減し、安心して希望する子育てができるよう応援するものとあります。また、在宅で3歳から5歳までの児童を常時監護する者に対し、家庭保育応援給付金を給付することにより、保護者の監護負担の軽減を図り、もってその保護者の子育て支援の増進に寄与することを目的とした事業としています。

このような目的の事業でありながら、付託された文教厚生委員会での議案審査において、当局の答弁では、家庭で保育している保護者が感じている経済的負担の実態や、肉体的負担、精神的負担の実態を調査していない、意見を聞いていないという答弁でした。にも拘わらず、家庭保育応援給付金を給付することにより、経済的負担、肉体的負担、及び精神的負担を軽減し、安心して希望する子育てができるとしており、これは裏付けのない推測により貴重な税金を投与することであり、予算計上を認めることはできません

 

2点目は、関連する様々な点で根拠等が不十分であることです。

給付額である月額児童1人あたり1万円の根拠や、3歳から5歳までの幼児への給付額を同額とした根拠、本年10月から開始される幼児教育無償化との関連を考慮していないこと、将来保育園を民間に委託する方向である中での将来の見通しが立っていないこと、さらに、本事業の参考としたと当局から説明があった鳥取県では、全国で唯一、乳幼児を家庭で看る保護者に対して、金銭を給付していますが、内容は、子どもが1歳未満であり育児休業給付金を受給していないなどの保護者に対し、市町村が月額3万円を給付し、そのうち1万5千円を県が補助するという事業であります。これは、主に少子化対策であり、今回の本町の家庭保育応援給付金とは目的が異なるものであります。以上述べましたことなどから、予算を審議するに足りる説明がなく、予算計上までの過程において精査が不十分であると判断せざるを得ません。よって、予算計上を認めることはできません。

 

3点目は、他の子育て支援事業との優先順位についての住民の理解であります。

現在、本町において、乳児保育は全ての保育園では実施しておらず、自宅から遠方の保育園に送迎している保護者の方からの負担軽減を求める意見や、子どものために育児休業を取得しているものの給与の支払いや育児休業給付金を受けていない保護者の方からの経済的負担の軽減を求める意見もあり、それらの保護者の方々に対して、それらの負担軽減よりも今回の家庭保育応援給付金の給付の方が優先順位が高いと説明して、保護者の方々からご理解をいただくことは大変難しいものであると考えます。よって、予算計上を認めることはできません。

 

なお、期間の定めのない金銭の給付は、一度実施すると、廃止することは非常に難しいことであります。だからこそ、給付の決定には慎重にならざるを得ません

 

JUGEMテーマ:地方議会

 

 

 

| 議会 | 21:49 | comments(2) | - |
保育園へ預けた後、喫茶店で1時間も2時間もおしゃべりに費やしている保護者が結構居ますよね、それも毎日。
その点家庭で育児をしている親にはおしゃべりもままならないほど育児をしながらばたばたしている様子がうかがえます。
実態を行政が調査するのが本来かも知れませんが、議員が調査してもいいのではないですか。議員側の調査資料はあるのですか。
議員があちらこちら全国に出掛けて調査するのもいいけれど、町内をしっかり調査する方が更に重要では。選挙の時だけ町内を回って居ては町民の意見をしっかり吸い上げているとはいえませんね。
| 寺坂宏 | 2019/03/30 9:54 AM |

寺坂様へ
寺坂様のコメントを読ませて頂き、一言だけ私なりの意見を書きます。家庭保育や家庭教育はプライベートでありセンシィティブであり、場合によっては個人の思想や信条をも含む問題になると思います。行政が一線を画すのも一町民としては理解できます。わかっていても言えないだろうなと。だからこそ制度先行になるのではと感じています。
| 長坂知泰 | 2019/04/04 4:00 AM |










こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ