東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 平成31年度一般会計予算修正案可決 提案理由 | main | 常任委員会における家庭保育応援給付事業の質疑 >>
修正(廃止)された家庭保育給付事業とは

平成31年度東浦町一般会計予算において、家庭保育給付事業に係る予算を削除する修正案が提出され、可決されたことにより、家庭保育給付事業は廃止された。

 

そもそも、この全国初の事業を目指した家庭保育給付事業とは何かを、下記に記載いたします。

 

目的

家庭内での子育てを希望する方の経済的負担を軽減し、安心して希望する子育てができるよう応援します。

また、在宅で3歳から5歳までの児童(「以下「当該児童」という。)を常時監護する者(以下「保護者」という。)に対し、家庭保育応援給付金を給付することにより保護者の監護負担の軽減を図り、もってその保護者の子育て支援の増進に寄与することを目的とします。

 

私の意見

一つ目の目的とし、経済的負担を軽減し、・・・とあり、「また」という並列として、保護者の監護負担の軽減を図り、・・・とある。保護者の監護負担の軽減とは、何を指すのか明記されていない。

家庭応援給付金を給付する目的を定義している中において、「家庭応援給付金を給付することにより」は、解っていることであり、必要のない言葉ではないか。

この目的の文章は、読めば読むほど、理解し難い文章である。

 

 

事業対象

〈対象者〉以下のいずれかに該当する方

‥該児童を監護し、生計を同じくする父母

父母に監護されない当該児童を現に監護する者

 

 

給付金の額

月額1万円/人 年3回(4月、8月、12月)それぞれ前月分までを給付

 

 

給付対象要件〉以下の要件を全て満たす方

‥該児童を、保育所等(※)を利用せず家庭内で保育をしていること

∧欷郤垉擇單該児童が、町内に住民登録を行い、かつ居住の実態があること

 

※保育所等・・・保育所、認定こども園、幼稚園、地域型保育事業、児童発達支援事業所、日常的な保育を目的とした認可外保育施設など

 

JUGEMテーマ:地方議会

 

 

| 定例会 | 18:47 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ