東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 防災ネット 小学生からの手紙 | main | 議長 所信表明 >>
大学生インターンシップ生からの報告書

平成31年2月、3月と約2か月間に渡って、大学生2名をインターンシップとして受け入れました。

2名は、大学1年生と2年生の男子学生です。政治に触れたいとの思いから、私の事務所で2か月間インターンシップを経験し、その2名から私あてに報告書をいただきました。

以下に、その一部を紹介します。

 

1 自分が目にした議員の想い

 

・小松原議員は、町議会議員であり、町の代表として、常に町民に説明ができる判断なのかを念頭において、議会で様々な判断を行っていた。私は、2か月間行動を共にさせていただいて、小松原議員に対して感じた一番の思いは敬服である。町民に対する議会報告は、議員として理想の形に近いものだと感じた。

 

・議会の定例会を傍聴したとき、空気が張り詰めていて少し緊張をしたが、いろいろなことに気づいた。例えば、議員の方々がもつ問題点や改善点、今後の方針など、政治について詳しくもなければ、あまり興味もなかった自分が、あのような経験をしたことによって今までとは違った政治に対する意識を持つことができたことと、住民も政治に関心を持つことの大切さを知ることができて、貴重な体験になった。

 

 

2 自分自身の振り返り

 

・普段何も考えずに行動していたが、考えることは大事で、考えることが自分を形成することでもあると学んだ。普段から事案に対し、思考することが大切であり、小松原議員をそばで見て、どのように考えるのか、考えることが重要なことなのだと学んだ。

 

 

3 あなたにとって議員インターンシップとは

 

・このインターンシップは、自分を顧みることができ、自分に何が足らないのかが分かる経験だと思う。自分は毎日何気なく過してきたが、議員の毎日を見ていると手帳がメモだらけだったり、予定がいっぱいになっていても、町民の悩みや今の問題の改善策を考えていて、今後は自分自身も無駄な時間を過ごさないようにしていかなければと思った。

 

JUGEMテーマ:地方議会

 

| インターンシップ | 00:39 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ