東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 大学生インターンシップ生からの報告書 | main | 東海市制50周年記念式典 >>
議長 所信表明

令和元年5月15日に開催されました東浦町臨時会におきまして、議員各位のご推挙をいただき、議長に就任することになりました。

 

本会議での議長選挙の前に、議員総会(議員全員が参加する会ではありますが、一般傍聴はできません。)にて、議長選挙の所信表明を行いました。

 

以下にその内容を記載します。

 

それでは、議長選挙に対しての所信を述べさせていただきます。現在、全国のほとんどの自治体で、少子高齢社会・人口減少社会を迎え、先行きが予想し難いという厳しい時代となっています。その中において、本町も例外ではありません。当然に課題も山積しており、議会の役割は、以前にも増して重要になってきていると認識しています。

 

去る4月に実施されました町会議員選挙では、全国的に「議員のなり手不足」と懸念されている中、本町では定数16名に対し、23名が立候補しました。皆様方におかれましては、大変厳しい選挙に勝ち抜き、今、この場にいらっしゃることと思います。

 

町民の皆様から負託を受けて議員になられた皆様方が構成員となる議会、言い換えれば、二元代表制の一翼を担う議会の役割は、常に町民の側に立ち、町民生活の向上のために、使命と責任を果たさなければならないものと考えます。そのためには、私自身、町民から親しまれ、また、町民から信頼される議会の構築のため、不断の努力と研鑽を行って参る決意でございます。

 

また、執行機関との関係におきましては、一定の緊張感を持ち、是々非々の立場で、チェック・アンド・バランスを堅持して参る必要があると考えております。

 

町民にとってより良い町政実現を目指すために、多様な社会となっている現在、議会においても、様々な角度から意見を出し合い、よりよい合意形成が図れる、活発な議会を築いて参るためにも、私自身、努力して参る所存であります。

 

最後になりますが、私自身、より一層努力と行動を続けることをお約束させていただくとともに、議長として、公平、公正な議会運営に努めるとともに、皆様方のご意見に真摯に耳を傾けてまいる決意でございます。

 

どうぞ、皆様方のご賛同とご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げ、私の議長選挙における所信表明とさせていただきます。

 

誠にありがとうございました。

 

 

 

| 臨時会 | 20:24 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ