東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 東浦町非行防止と青少年健全育成町民大会 | main | 地区実態点検 >>
公共施設の敷地内禁煙実施

令和元年7月1日、「健康増進法の一部を改正する法律」が一部施行されたことにより、受動喫煙対策が強化され、東浦町においても7月1日から町が管理するすべての施設において、「敷地内禁煙」を実施しています。

 

 

健康増進法の一部を改正する法律の趣旨及び概要は、以下のとおりです。

 

趣 旨

 

「望まない受動喫煙」をなくす

受動喫煙が他人に与える健康影響と、喫煙者が一定程度いる現状を踏まえ、屋内において、受動喫煙にさらされることを望まない者がそのような状況に置かれることのないようにすることを基本に、「望まない受動喫煙」をなくす。

 

受動喫煙による健康影響が大きい子ども、患者等に特に配慮

子どもなど20歳未満の者、患者等は受動喫煙による健康影響が大きいことを考慮いs、こうした方々が主たる利用者となる施設や、屋外について、受動喫煙対策を一層徹底する。

 

施設の類型・場所ごとに対策を実施

「望まない受動喫煙」をなくすという観点から、施設の類型・場所ごとに、主たる利用者の違いや、受動喫煙が他人に与える健康影響の程度に応じ、禁煙措置や喫煙場所の特定を行うとともに、掲示の義務付けなどの対策を講じる。

その際、既存の飲食店のうち経営規模が小さい事業者が運営するものについては、事業継続に配慮し、必要な措置を講ずる。

 

概 要

 

・国及び地方公共団体(都道府県・市町村)は、望まない受動喫煙が生じないよう、受動喫煙を防止するための措置を総合的かつ効果的に推進するよう努める。

 

 

東浦町は、改正法の規制の対象外である、葉たばこを原料としないいわゆる電子たばこも、受動吸引等により健康被害が生じる可能性があるため、電子たばこの健康への安全性が確保されるまで改正法とかかわりなく、本町のルールとして規制の対象としています。

 

なお、法律では、屋外で受動喫煙を防止するために必要な措置がとられた場所に、喫煙場所を設置することができるとあります。

 

JUGEMテーマ:地方議会

| 法改正 | 19:43 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ