東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 地区実態点検 | main | 神奈川県大和市へ行政視察 >>
神奈川県秦野市へ行政視察

知多中部広域事務組合は、半田市、武豊町、阿久比町、東浦町の1市3町で構成される一部事務組合です。

所掌する事務は、消防に関する事務及び火葬場施設の設置・管理に関する事務です。

 

組合議会は、議員定数15人で、内訳は半田市6人、武豊町3人、阿久比町3人、東浦町3人となっています。

 

知多中部広域事務組合議会は、令和元年7月4日から5日までの1泊2日で神奈川県に行政視察に行ってきました。

 

7月4日は、秦野市役所を訪れました。

秦野市議会では、災害発生時における議会・議員の役割や具体的な対応などを定めた「秦野市議会災害時等行動マニュアル」を作成し、平成29年4月1日から運用を開始しています。

熊本地震の発生をきっかけに、市内でも浸水や土砂崩れなどの被害が発生していることを踏まえ、災害時の議会・議員の役割を明確化し、体制の整備を図るために作成されました。

 

 

マニュアルでは、震度5弱以上の地震や大規模な浸水被害・土砂災害、大規模火災や感染症の流行、火山災害など重大な被害が発生、または発生するおそれがあるときを対象としています。

 

・災害時、議員は地域の一員として救援・復旧活動にあたり、求めがあった場合には市議会が設置する「秦野市議会災害等対策会議」に参集する。

 

・また、地域での活動を通して把握した災害情報などを対策会議に報告するほか、対策会議を通して把握した情報を市民に提供する役割を担う。市議会は、市が設置する災害対策本部などと連携し、議員から提供された地域の被害状況を報告する。提案や提言、要望なども行う。

 

・さらに、災害対策本部と連携・協力し、国、県等に要望活動を行うほか、必要な議案や予算を速やかに審議することも明確化されています。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:地方議会

 

| 一部事務組合議会・広域連合議会 | 22:07 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ