東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 木曽・北アルプス広域連合へ行政視察 | main | 高齢者の交通安全五則 >>
高齢者交通安全推進協議会 総決起大会

令和元年7月25日、「令和元年度 知多一市五町高齢者交通安全推進協議会 総決起大会」が開催され、お招きいただきました。

 

知多一市五町高齢者交通安全推進協議会とは、半田市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町及び武豊町の老人クラブ連合会で構成されている高齢者の交通安全組織です。

高齢者を始め地域住民の交通安全意識の向上に努め、地域社会が一体となって「安心安全なまちづくり」の連携を図り、「自分の身体は自分で守る」を基本に、従来の受け身の交通安全から、攻めの交通安全に転換した活動を行うことを目的に設立されました。

 

 

愛知県は昨年(平成30年)まで、交通事故死者数は16年連続で全国ワーストを記録しています。

平成30年は、交通事故死者数189人であり、そのうち65歳以上の高齢者が103人を占め、全体の約55%となっています。

また、令和元年7月24日現在、愛知県での交通事故死者数は71人で、千葉県の79人、神奈川県の76人に次ぐ、ワースト3位になっています。令和元年の本年こそ、全国ワーストを回避したいものです。

 

総決起大会では、「高齢者 無事故・無違反100日間ラリー」の表彰がありました。

受賞されましたのは、乙川千歳会(半田市)、いきいきクラブ草木高砂会(阿久比町)、石浜老人クラブ(東浦町)、豊浜老人クラブB(南知多町)、奥田喜楽会北(美浜町)、一新クラブ(武豊町)の6団体です。

 

 

また、副会長の東浦町老人クラブ連合会長より、活動報告がありました。

 

さらに、副会長の美浜町老人クラブ連合会長より、「決意宣言」がありました。

決意宣言の内容は、以下のとおりです。

私たちは、知多半島一市五町の高齢者をはじめ地域住民の交通安全意識の向上に努めます。

また、地域社会が一体となって「安心安全なまちづくり」を進めるため、「自分の身体は、自分で守る」をモットーに、私達「交通安全モデル老人クラブ員」が積極的に街頭に立ち、反射材の普及や交通安全キャンペーンを実施するなど交通安全活動による交通事故防止に努めます。

 

JUGEMテーマ:地方議会

 

 

| 行事 | 23:54 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ