東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 「2019 東浦ミュージックフェスティバル」と「2019 東浦ファインマークコンテスト」 | main | 県への建設事業要望 >>
令和元年第1回知北平和公園組合議会定例会

令和元年8月19日、「令和元年第1回知北平和公園組合議会定例会」が開催されました。

 

知北平和公園組合議会は、知北霊園と知北斎場の運営管理を東海市、大府市及び東浦町の2市1町で共同処理するもので、昭和54年4月1日に設立されました。組合議会は、東海市3人、大府市3人、及び東浦町3人の合計9人で構成されています。

 

「令和元年第1回知北平和公園組合議会定例会」では、議案3件、認定2件が審議されました。

 

議案「知北平和公園組合副管理者の選任について」は任期満了に伴い選任するもので、全員賛成で可決されました。

 

議案「知北平和公園組合霊園条例の一部改正について」と「知北平和公園斎場条例の一部改正について」は、社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うために消費税法の一部を改正する等の法律による消費税法の一部改正等に伴い、管理料及び使用料を引き上げるものです。令和元年10月1日から、消費税が8%から10%に引き上げられることに伴い、管理料及び使用料も同様に引き上げるもので、2つの議案ともに、賛成7、反対1で賛成多数により可決されました。

 

認定「平成30年度知北平和公園組合一般会計歳入歳出決算認定について」と「平成30年度知北平和公園組合霊園事業特別会計歳入歳出決算認定について」は、2つの議案ともに、全員賛成により認定されました。

特記すべき点は、一般会計の歳入の「使用料及び手数料」が、予算現額1,700万円に対して、収入済額が1,739万円余であり、39万円余の増額となりました。この理由は主に人体(大人)の火葬件数の増加によるものです。平成29年度は1,904人であったものが、平成30年度は2,076人となり、172人の増加となりました。ちなみに、10年前の平成20年度は1,544人でしたので、10年で約34%増加したことになります。

 

また、定例会後に、「令和元年度知北霊園墓地使用者募集結果の報告」がありました。

区      分 1次募集 2次募集
募集期間 5月15日〜5月21日 7月17日〜7月23日
抽 選 日 6月3日 8月2日
応募状況

募集面積    3.2屐4.0

募集区画数       30       10

応募者数    24         4

倍  率  0.80倍  0.40倍

当選者数    24         4

辞退者数      1         0

募集面積     3.2屐4.0

募集区画数      37       16

応募者数   17       11

倍  率  0.46倍 0.69倍

当選者数   17       11

辞退者数          0         0  

募集区画数80区画に対して決定数54区画で、倍率0.675倍で空区域26区画とのことでした。昨年度は、募集区画数100区画に対して決定数80区画で、空区画20区画でした。平成27年度から空区画(募集区画数より決定数が少ない)が目立つようになっています。

さらに、墓地返還数は、平成30年は81区画で、墓地購入数を上回る状況に初めてなりました。

社会状況の兆候が顕著に現れていることがうかがえます。

 

JUGEMテーマ:地方議会

 

 

| 一部事務組合議会・広域連合議会 | 23:12 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ