東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 知多北部広域連合議会定例会 | main | 大府東浦花火大会 >>
愛知県町村議会議長セミナー

令和元年8月29日から8月30日までの1泊2日の日程で、名古屋市のKKRホテル名古屋にて「令和元年度 愛知県町村議会議長セミナー」が開催されました。

 

講師には、山梨学院大学法学部教授の江藤俊昭氏、株式会社紡の代表取締役 玉沖仁美氏、愛知県知事の大村秀章氏をお迎えしました。

愛知県町村議会議長会の倉知敏美会長のあいさつの後、江藤俊昭氏による「分権時代の地方自治」とのテーマで講演がありました。

 

愛知県町村議会議長会 倉知敏美会長

 

江藤氏は、議会改革に関して多くの文献を出版されていらっしゃいます。私も数冊読まさせていただきました。今回はサブテーマを「『住民自治の根幹』としての議会を作動させる」として、議会改革というブームに乗って行う時代から、本格的に質を高める時代へと議会改革は変化しているという内容でした。

頭では理解できるのですが、正直ハードルはかなり高いと感じました。社長が部下に命令するのとは事を異にし、議員同士の対等な立場の中で議会改革の質を高めるということは、方向性や改革意欲を全議員が同等にしなけらばならず、難しいのが現実ではないだろうか。しかし、難しいが故に、やりがい、達成感はあるだろうと思います。

 

山梨学院大学法学部 江藤俊昭教授

 

 

玉沖仁美氏は、「地方自治体の定住対策」というテーマで講演されました。

コミュニティの創造には3つの要素があり、/諭垢里弔覆りをサポートする「人」、⊃諭垢気軽に集まれる「場」、人々を継続的につなげる「仕組み」である。

ここでいうコミュニティとは、…蟒賛邑、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域や地域の人々と多様に関わる「関係人口」、7从儚萋阿箸楼曚覆覯礎祐霆爐魎泙甓燭蕕の形で、地域の社会・経済活動に関心をもって継続的に関わる「活動人口」で構成されるコミュニティである。

そして、「人」づくりには、つながりサポーター、コミュニティデザイナーの育成が必要であり、「場」づくりには、つながりを創るための空間の形成、関係人口に着目した滞在施設の整備、小さな拠点の機能強化が必要であり、「仕組み」づくりには、つながりサポート機能の強化、シェアリングエコノミー(共有経済)の活用が必要とのことでした。

 

株式会社紡 玉沖仁美代表取締役

 

大村秀章氏は、「"Heart” of JAPAN」の講話をされました。コンセプトは、愛知県は地理的にも日本の中心に位置し、技術と伝統を誇る産業の中心地である。愛知は、いつの時代も未来を拓く中心地であり、人間にたとえれば心臓部・ハートと言える。また、ハートは愛知の「愛」でもある。

内容は掲載しませんが、講話の途中で、あいちトリエンナーレの大村氏の考え方、説明及びそこから波及する問題提起などの話がありました

 

大村秀章愛知県知事

 

 

| 議長会 | 19:40 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ