東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 議会運営委員会行政視察 議会改革 | main | 町村議員の報酬 >>
リトミックって?

過日、「パパリトミック」について記載しました。ところで「リトミックって、いったい何?」ということを紹介したいと思います。

 

リトミックとは、音楽のリズムに合わせて体を動かすなど、自分なりの表現をすることで、心・体・社会性を育む教育法のことです。

耳と体を使うことで集中力や想像力、反射性や敏しょう性、創造性などが養われることから、心身のバランスが取れた豊かな人間性を育む教育とも言われています。

音楽を聴いて自由に反応したり、体を動かしたりすることを基本とし、音楽にダンスや体操を組み合わせた活動をしています。

 

リトミックは、スイスの作曲家、教育者のエミール・ジャック=ダルクローズが、20世紀の初め頃に考案した音楽教育の手法です。

音を聴いて味わい、それを表現することで、音楽への興味関心や音感を育てていくことを狙ったと言われています。

日本に初めてリトミックが伝えられたのは、明治時代の終わり頃ですが、戦争の影響もあり、普及しませんでした。その後、戦後に価値が見直され広まっていきました。

 

年齢別のおおよそのレッスン内容は、以下のとおりです。

・0歳から1歳未満

多くの音楽に触れながら、ママが手足を優しく刺激したり、抱っこしたりして、スキンシップを図ります。

・1歳から2歳未満

音楽を聴きながら、ママの動きをまねて体を動かしていきます。

・2歳から3歳未満

ママから離れて友達とも交流をし、まねをしながらも自分なりに表現することを目指していきます。

・3歳から4歳未満

お絵描き、リズム打ちなどの手法も取り入れて、自分のイメージを膨らませながら表現することを身に着けていきます。

・4歳から5歳未満

自分なりの考えで体を使って表現したり、文字や数字の概念を取り入れた表現、楽器や楽譜を使った表現などを学びます。

・5際から6歳未満

友達との関わりの中で集中力や積極性を身に着けながら、幅広く表現することを学びます。

 

 

リトミックを習うことで期待できる効果は、「集中力が育つ」「表現力が育つ」「音感が育つ」「社会性が育つ」「心と体が安定する」と言われています。

 

JUGEMテーマ:教育

| 教育 | 10:25 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ