東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 商工会からの陳情 | main | 区民体育祭 >>
議会の映像配信の行方(その1)

東浦町議会では、議会の映像配信について町長に対して予算措置を依頼しています。このことについて、時系列で簡単に紹介いたします。

 

・平成29年6月議会  「住民に開かれた議会を目指す請願書」を賛成多数で可決

・平成30年3月14日  町長あてに議長から「議会の映像配信に関する予算措置について(依頼)」を提出受理

・令和元年9月30日 町長から議長あてに「議会の映像配信に関する予算措置について(回答)」を提出受理

 

平成30年3月14日付で議会から執行部に対して、予算措置を依頼。議場内放映については、平成29年6月議会において「住民に開かれた議会を目指す請願書」を賛成多数で採択しており、その内容が議会の映像配信についての実施を求めるものであったことから、議会で協議検討を重ね、システム仕様を決めて、予算措置を依頼したものであります。

この依頼においては、カメラ3台を発言者に切り替えて、1階ロビーにおけるライブ放送、インターネットでの録画配信を考えており、初期投資としておおよそ1,000万円、年間運営費108万円という内容でした。

 

東浦町は、愛知県知多半島に位置し、知多半島には5市5町が存在します。本町以外の5市4町では、CATV中継(ケーブルテレビによる放映)、またはインターネット中継(Web配信)のいずれかを採用しており、何らかの形で議場内放映を実施しています。

このことから、本議会も執行部に議場内放映の予算措置を依頼したものであります。

 

その後、令和元年9月30日付で、平成30年3月14日付の議会からの依頼に対して、執行部から回答を受け取りました。その内容は、「議会の映像を配信することについては理解します。」。しかし、今後必要となる事業の財源を確保していく必要もあることから、「放送内容及び実施方法(資機材等含む)等について、再度ご検討していただくようお願いいたします。」とのことでした。

 

この件につきまして、令和元年10月21日(月)に執行部も同席のもと、議員全員で協議する予定としています。

 

JUGEMテーマ:地方議会

| 議会活性化への道 | 21:27 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ