東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 新年あいさつ | main | 大府青年会議所 新年会 >>
仕事始め式 あいさつ

令和2年1月6日、東浦町役場において職員の「仕事始め式」が挙行され、議会を代表し挨拶をしました。

内容については、以下のとおりです。

 

明けましておめでとうございます。このたびの年末年始の休みは、暦の関係で通常よりも多い休みとなりましたので、職員の皆さんにおかれましては、英気を養われたことと思います。

昨年は、議会運営にご協力いただきまして、誠にありがとうございました。

 

仕事始めにあたりまして、議会を代表し、一言ご挨拶を申し上げます。

現在、議会が置かれている立場、役割は、今後の町政における課題解決に向けて、果たさなければならない責務を考えると大変大きいものがあり、益々その責務は大きくなる一方であると思っています。そのような考えもありまして、私自身、昨年5月に議長に就任して以来、議会改革とは言えないまでも議会改善を図っているところでございます。

 

昨年の12月議会では、議案質疑の通告制を導入いたしました。本年の3月議会からは、一般質問の持ち時間を60分から50分にし、議員と議員の一般質問の間に10分の休憩を挟み、各議員の一般質問の開始時間をあらかじめ住民の皆さんに公表できるようにいたします。また、6月議会からは一般質問を住民の皆さんがインターネットにより録画視聴できることを予定しています。さらに、常任委員会、議会運営委員会及び議会広報特別委員会での県外行政視察につきまして、視察先の選定理由及び視察で得た情報を町政にどのように生かしていくのかを報告書にまとめ、これもホームページ上に公開する予定としています。

 

先ほども申し上げましたが、今後、益々、行政と議会、そして住民が協働し、町政の課題解決に望むことが求められてくると考えています。10年後、20年後を見据え、二元代表制のもと、行政と議会との望ましい関係を念頭に描きながら、本年も互いに切磋琢磨し、住民のために尽力していきたいと思っています。

 

どうか、職員の皆さん、本年も住民の皆さんのための福祉向上、政策実現を第一に考えたうえでの、議会への対応をしていただきますようお願い申し上げまして、仕事始めの挨拶とさせていただきます。

本年もどうかよろしくお願いいたします。

 

 

| 東浦町行政 | 18:34 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ