東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 平等原則〜「平等」の観念 | main | 「熊本地震」首相 激甚災害指定へ >>
平等原則〜「差別」と「合理的区別」
異なる取り扱いが「合理的」であるかどうかは、どのような差異に着目し、どのような権利・利益について、どの程度異なる取り扱いをするのかによって一様ではない。

先天的に決定される条件や思想・信条に基づく異なった取り扱いは、どのような権利・利益であっても原則として許されない。
・近代憲法の基本原理としての平等は、生まれるによる差別を認めないことにその核心がある
・思想・信条は民主主義の基本に関わる価値として、保障されなければならない
・「人種、信条、性別、社会的身分又は門地」を差別禁止事由として列挙しているのは、そういう趣旨である
・「人種差別撤廃条例」(1969年発効、日本は1995年批准)1条は、民族等による差別を人種差別と同じものと理解する
・性別による異なる扱いは原則として禁止されるが、男女の生理的・身体的な条件の差から異なる扱いは合理的根拠があるとして支持される場合がある
・社会的身分とは、生まれによって決定される社会的地位または身分をいうと理解されている

それ以外の場合には、異なる取り扱いとその基礎にある事実状態の差異との関係で、問題となっている権利・利益の性質によって具体的に決定される。
・選挙権の有無についてみると、所得の差によって異なる扱いをすることは不合理な差別、年齢によって異なる扱いをすることは合理的な区別となる
・所得の差によって異なる扱いをしても、税率に差をつけるということは合理的な区別となる

異なる取り扱いが合理的と考えられる場合でも、異なる取り扱いの程度によって不合理な差別となる。
・特定の人を特別に有利又は不利に扱うことは不合理な差別となる
・最高裁の尊属殺違憲判決は、刑が重すぎるとして違憲とした





 
| 憲法 | 17:01 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ