東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 男女共同参画について | main | 地域公共交通網形成計画(案)パブリック・コメント結果 >>
憲法からみる地方議員とは

国、地方ともに間接民主制を基本としている。しかし、国に比べ地方は直接民主制を重視している。

 

憲法では、国会議員を全国民の代表と規定している(憲法43条)。これは、フィクションであるかもしれないが、憲法上では全国民の代表と規定している。これは、国会議員の身体の自由を保障し、政府の権力によって議員の職務が妨げられないようにすること、議院の審議権を確保することを目的に、議員は国会の会期中は逮捕されず、会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、会期中これを釈放しなければならないという「不逮捕特権」が認められている(憲法50条)こと、国会議員の職務の執行の自由を保障するため、議員が議院で行なった演説、討論又は表決について、院外で責任を問われないという「発言の免責特権」が認められている(憲法51条)ことからも解る。「発言の免責特権」は、国会議員の国会における意見の表明とみられる行為や、職務行為に付随する行為にも及ぶ。

 

一方、地方の政治は住民の自治によるという原理が認められなければならない。「地方自治は民主主義の学校である」と言われ、あるいは、地方自治は中央の統一権力の強大化を抑え、権力を地方に分散させるという意義があるとも言われている。

 

地方公共団体の長、議員は住民の選挙によらなければならない(憲法93条)と規定されているが、これは、地方自治の民主化を徹底しようとするものである。また、地方には、国では行き届かない事柄や地域に密着した事柄のことは地域住民が最も適切に判断なしうることから、地域住民の手に委ねることにしたのである。地方では、国では認められない解散請求と解職請求について住民投票が認められており、直接民主主義的制度をも採り入れているのである。

 

憲法では、国会議員は統一的国会意思の形成、地方議員は地域住民の意思の密着した政治という役割分担を期待したのである。

このことから、地方議員は限りなく直接民主主義に近づく議員活動をしなければならず、議会の透明化を図ることは当然のことであり、そのことで議員同士が対峙すること自体、憲法趣旨に反していると言わざるを得ない。また、議会の透明化のみならず、地方議員の責務として、住民への情報提供・意思表明及び住民からの情報収集・意見聴取を行わなければならないのである。

 

JUGEMテーマ:地方議会

| 議会 | 20:48 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ