東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 基本的人権の保障 | main | 人権の法的性格、及び人権保障の限界 >>
地方議会の性格
JUGEMテーマ:地方議会
地方議会には、政策立法機関としての意義付けが与えられていて、地方分権が進む中、議会が活性化しなければならないことは言うまでもない。しかし、執行部優位体制のもと、実質的に議会が機能を発揮しているのは執行部の監視においてであると言うにとどまることが実情かもしれない。

地方議会の性格については、大きく3つの学説がある。

議会・行政協働立法説
議会は日頃の執行部との交渉や議場における質疑を通じて、間接的に政策立案に関与している。また、監視機能の発揮によっても政策問題に大きく関与することが可能であるが、執行部のみが条例提出を独占することはチェックアンドバランスの観点からも望ましくない。現状を鑑みれば執行部と対抗しての議員立法は不可能であるが、今後も条例提出を含めて様々な形で緊迫感のある関係を築いていく必要があるとする立場。

政策条例立案積極説
監視機関であるとともに立法機関である議会は、議員研修や事務局強化等を通じて、積極的に議員立法を行うべきである。なぜならば議員は住民に一番近い立場にいるという性質上、その立法権限を放棄することは有権者に対する背信行為とすら言えるためである。現状の行政に対して、圧倒的に不利な人的、経済的資源については可及的速やかに改善措置が講ぜられるべきであるとする立場。

政策条例立案消極説
地方議会が実質的に機能を発揮できるのは、議会での質疑や執行部監視という次元においてである。現状の限られた資源を有効配分するためにも議会はいたずらに議員立法に拘わらず、監視や質疑を通じて地方自治の発展に寄与するべきであるという立場。


 
| 議会 | 13:54 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ