東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 東浦町中央図書館の蔵書管理について(平成29年6月議会一般質問) | main | 自民党の「おごり」なのか? >>
東浦町附属機関設置条例の一部改正(平成29年6月議会)

平成29年6月議会定例会において、「東浦町附属機関設置条例の一部改正について」議案が提出されました。

 

これは、児童福祉法の改正により、障害児福祉計画の策定が義務付けられたことから、東浦町障害者計画・障害福祉計画推進委員会の名称を変更し、並びに所掌事務に障害児福祉計画の策定及び推進に関する事項についての、調査審議に関する事務を加えるために改正するものです。

 

文教厚生委員会に審議を付託され、審議し、可決しました。当委員会での質疑の主なるものを紹介します。なお、私は委員長のため、質疑をしていません。よって、私見として掲載させていただいています。

 

 

 委員会名称に「等」を入れることで、所掌事務に障害児福祉計画の策定について加えたことが、わかりづらいと考えるが見解は

 

 名称に「等」を入れることでわかりづらくなる可能性はあるが、児童福祉に携わっている2名の委員を加え、障害児福祉計画策定を行っていく

(私見:問の答弁になっているか?)

 

 

 障害に障害者、障害児をすべて含んでいるのであれば、名称に「等」がなくても良いのではないか

 

 東浦町障害者計画推進委員会とすると、単独の計画を指すことになる。計画が複数あるので、名称に「等」の表記が必要である。

 

 

 児童福祉に特化した委員を2名増員するが、現在の委員会と名称が変わることで、委員組織も変更するのか

 

 現在の委員に2名の児童福祉に携わっている方を委員として増員するが、委員組織は変わらない

 

 

 福祉団体の代表者は、どのように選ぶのか。

 

 福祉団体の会長に依頼する場合や福祉団体の方に推薦してもらう。

 

 

 昨年度の委員会では、進捗状況や障害者差別解消法等が議題となっていたが、今年度の議題は。

 

 障害福祉計画と障害児福祉計画の策定に関することが議題となる。

 

 

 町のホームページや広報で障害児計画・障害福祉計画推進委員の2名の公募があり、第5期障害福祉計画の策定及び推進の調査審議が内容となっている。今回の改正に伴う障害児福祉計画の策定とは直接関係ないのか

 

 関係ある

 

 

 関係あるということは、障害児福祉計画について新たに策定することを入れたほうが良かったのではないか

 

 児童課、福祉課で広報の掲載の有無を検討した。本議会に条例改正の提案をしているため、本条例が否決となった場合、虚偽の掲載となることを考慮し、表記は避けた

(私見:否決される可能性はほぼ皆無。否決となった場合のことを考慮するのならば、可決されてから公募すればよいのではないか。公募して委員会が発足されるのは8月1日であり、採択後に公募しても時間的に余裕がある。)

 

 

 障害児福祉計画の策定期限は。

 

 平成30年度施行のため、平成29年度中に策定する。

 

 

 既存計画に障害児の計画は盛り込まれていたが、新たに障害児福祉計画の策定が義務付けられ、どのような計画にするのか

 

 障害児の数は年々増加傾向にある。子ども目線、保護者目線に立った支援施策や地域特性にあった支援、整備等を考えていく

 

JUGEMテーマ:地方議会

 

 

 

 

| 議会 常任委員会 | 18:44 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ