東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 固定資産税の課税内容について一斉点検による課税誤りについて | main | 大規模地震による災害を想定した放射線量調査の訓練実施 >>
愛媛県獣医師ら連盟会費拒否 加計阻止に反発

学校法人「加計学園」の獣医学部新設が計画されている愛媛県で、日本獣医師会の政治団体「日本獣医師連盟」の傘下である「愛媛県獣医師連盟」(愛媛県連)への会費支払いを拒否する獣医師が相次いでいることが20日、分かった。多くは公務員獣医師という。恒常的な人手不足など現場の待遇改善が実現されない状況で、日本獣医師連盟が学部新設阻止に動いたことへの強い不満が背景にあるようだ。

愛媛県連は規約で会費納入者を会員として扱っている。関係者の一人は「
会費を納めないのは離脱するという意思表示だ。年内いっぱいは集金を続けるが、会員の半数が離脱する見通しだ」と明かす。

関係者によると、愛媛県獣医師会所属の約350人のうち、約250人が愛媛県連の会員として毎年会費を支払っている。集まった会費は日本獣医師連盟に上納され、活動資金として利用されるという。

ところが、今年は
愛媛県連の10支部のうち、獣医学部新設予定地の今治市を含む複数の支部で会費を支払わない獣医師が相次ぎ、すでに今年分の会費徴収を終えた2支部では納入率が約5割にとどまった。ほかの支部でも同様の傾向がみられるという。

愛媛県内の公務員獣医師は、前年は会費を納めた会員の約4割を占めていた。ただ、かねて「日本獣医師連盟は公務員獣医師の待遇改善で何も成果を上げていない」などの不満が出ていたという。

日本獣医師連盟をめぐっては、前身の日本獣医師政治連盟が、加計問題を追及している民進党の玉木雄一郎幹事長代理に政治献金していたことが明らかになっている。会員からは
「獣医学部新設反対側の議員に金が流れるなど、金の使い道に納得がいかない」という声もあるという。

 

以上、産経新聞より

 

そもそも、官僚主導から政治主導のトップダウンで岩盤規制に風穴を開けるケースでは、首相の指導力に官僚が忖度しないはずがない。むろん、この政治主導のプロセスに公平、公正な手続きがなかったとすれば問題とすることは適当だが、それを裏付ける決定的な証拠がない中での、国会での追及がこのような事態を招いたと言わざるを得ず、当然の結果であろう。

 

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

| 国政 | 10:44 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ