東浦町議会議員 こまつばら英治の時論公論

こまつばら英治の時論公論

<< 平成29年9月議会 一般質問通告 | main | ライオンズクラブYCE帰国報告会 >>
敬老会に参加して 他国の敬老会は

本日、東浦町森岡地区の「敬老会」が開催され、お招きいただき、祝辞を述べさせていただきました。

 

「敬老の日」は、国民の祝日に関する法律(祝日法)により、「9月の第3月曜日」とされ、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」と定義されています。本年の「敬老の日」は9月18日です。

 

日本では当たり前のようになっている「敬老の日」、「敬老会」ですが、他国ではどうでしょうか。

 

中国では「重陽節」があります。

旧暦99日(現在の1010日前後)を「重陽節」とし、高齢者を敬う日となっているようです。

重陽節」は、法が定める休日とはなっておらず一家揃って先祖のお墓参りをしたり、親戚同士で顔を合わせたり、祖父母にプレゼントをするなどのイベントが催されます。

 

韓国では「老人の日」があります。102日ですが、韓国国民はこの日をほとんど知らないようです。また、「両親の日」もありますが、「老人の日」「両親の日」は、法が定める休日とはなっていません。

ただし、韓国は儒教が根付いているため、高齢者を尊重することは当然のことと思っています。

 

アメリカでは「祖父母の日」があります。9月の第2日曜日です。

「祖父母の日」は、法が定める休日とはなっていません。

また実質的には対象が高齢者ではなく、自分の祖父母となっています。祖父母に孫が花やプレゼントを贈ったり、手書きのメッセージカードをプレゼントするようです。

 

イギリスでは特定の日はありません。しかし、100歳、105歳、それ以降毎年、女王陛下から祝電がもらえるようです(申請が必要)。

 

 

高齢者を敬うために祝日があるのは、世界で唯一日本のみであります。

国民の祝日に関する法律(祝日法)に定められた「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」という本旨を考えなければならないと思います。

 

 

 

| 祝日 | 15:44 | comments(0) | - |









こまつばら英治
こまつばら英治 プロフィールはこちら
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ にほんブログ村
+ にほんブログ村ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ